Office 2016 の新機能

Officeテーマを選択して画面の配色を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Officeテーマを選択して画面の配色を変更する新機能について解説します。Office の配色が明るすぎる場合やコントラストを強めたい場合は、アカウント設定からすべての Officeアプリケーションの Office テーマを変更できます。
04:17

字幕

このレッスンではOffice テーマを選択して画面の配色を変更する機能について解説します。Office アプリケーションの画面の配色が明る過ぎる場合やコントラストを強めたい場合はアカウント設定から全ての Office アプリケーションのOffice テーマを変更出来ます。では見てみましょう。Office 2016 では初期設定でOffice テーマは「カラフル」というテーマが選択されています。カラフルテーマではそれぞれのアプリケーションに応じたイメージカラーがタイトルバーやタブ見出しに設定されています。Word では青い色気Excel では緑色気そして PowerPoint ではオレンジ色気と言った配色はなされていますね。ではこれからOffice テーマを別のテーマに変更して見ましょう。使用するのは「ファイル」タブです。「ファイル」タブをクリックし左のメニューから「アカウント」をクリックします。バックステージビューにはユーザー情報のアカウント画面が出てきましたね。ここで「 Office テーマ」という項目に注目しましょう。現在は先程確認した様に「カラフル」というテーマが選択されています。 右にあります下向き三角をクリックするとドロップダウンリストが表示されここで「カラフル」以外に「濃い灰色」そして「白」を選択出来ます。「白」を選択するとホワイトテーマが適用され従来の Office アプリケーションと同じ外観となります。ではバックステージビューを閉じて見てみましょう。バックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。編集画面に戻りましたね。タイトルバーと それからタブ見出しが白色になっています。「ファイル」タブだけがそのアプリケーションのイメージカラーが適用されていますね。他のアプリケーションも見てみましょう。例えば Excelそして PowerPointタブ見出しとそれからタイトルバーが白色になっていますね。この様に何れかの Officeアプリケーションでテーマを選択するとその結果がその他のアプリケーションにも反映されます。では今度は PowerPoint の画面でテーマを変更してみましょう。「ファイル」タブをクリックし「アカウント」をクリックします。「ユーザー情報」の Office テーマ現在「白」になっていますね。下向き三角で「濃い灰色」をクリックします。そうすると配色が変わりました。 「濃い灰色」テーマを選ぶと目に優しいハイコントラストな外観になります。バックステージビューを閉じて見てみましょう。バックステージビュー左上の左向き三角をクリックします。編集画面に戻りましたね。タイトルバーとタブ見出しが濃い灰色で表示されています。勿論 Word や Excel の画面も濃い灰色になっています。見てみましょう。Word の画面それから Excel の画面も先程設定した濃い灰色のテーマが適用されています。この様にファイルタブのアカウントをクリックして Office テーマで「カラフル」そして「濃い灰色」「白」とお好きなテーマが選択出来る様になっています。初期設定では「カラフル」が選択されています。この Office テーマはアカウントのユーザー情報として設定されますので同一アカウントで別のコンピュータ上のOffice アプリケーションを使用する場合もここで選んだテーマが使われます。このレッスンではOffice テーマを選択して画面の配色を変更する操作について解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。