Office 2016 の新機能

スマート検索でドキュメント内の用語を確認する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマート検索について解説します。ドキュメント上で選択した用語を使用して、Web での検索結果を表示します。
01:59

字幕

このレッスンではスマート検索について解説します。ドキュメント上で選択した用語を使用してWeb での検索結果を表示することが出来ます。Word の文書ウィンドウには案内状が作成されています。ではこの文書内の語句をスマート検索で読み解いてみましょう。案内状の本文の先頭に「晩秋の候」という用語があります。ではこちらをスマート検索してみます。検索したい文字列をドラッグで選択します。選択範囲内を右クリックします。するとショートカットメニューの下の方に「スマート検索」というコマンドが表示されました。「スマート検索」をクリックします。すると文書ウィンドウの右に「インサイト」という作業ウィンドウが表示されました。Wikipedia で調べた結果やWeb 検索の結果が表示されていますね。「晩秋の候とは」「秋も終わりごろになりましたがという意味合いで用いますよ」と言った様な解説文も表示されています。この様にスマート検索を実行するとWeb での検索結果を文書の右に作業ウィンドウしとて表示することが出来ます。よって作業中の内容を深く洞察することが出来ますね。確認が済んだらインサイトの作業ウィンドウは閉じるボタンをクリックして終了することが出来ます。 スマート検索は Word 以外に ExcelPowerPointOutlook でも活用出来る機能です。このレッスンではスマート検索でドキュメント内の用語を確認する操作について解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。