Office 2016 の新機能

手書き数式を入力する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
手書き数式の入力について解説します。インク数式ツールを使用して手書きで書きこんだ数式の入力ができるようになりました。
02:12

字幕

このレッスンでは手書き数式の入力について解説します。Office 2016 ではインク数式ツールを使用して手書きで書きこんだ数式の入力が出来る様になりました。見てみましょう。作成中のドキュメント内に数式を挿入するには「挿入」タブをクリックします。右端の「記号と特殊文字」のグループの「数式」の下向き三角をクリックします。すると踏込の数式を挿入するコマンドや新しい数式を組み立てるコマンドも用意されています。下の方には「インク数式」というコマンドが登場していますね。ここで手書きを行うことが出来ます。では「インク数式」をクリックしましょう。すると「ここに数式を書きます」というウィンドウが表示されました。「書き込み」ボタンが有効になっていることを確認しマウスでドラッグして数式を描いていきます。もし描き方を間違えた場合には「消去」というボタンをクリックし間違えたパーツをドラッグすると消去出来ます。では再度「書き込み」ボタンをクリックして書き込みを有効にします。この様にドラッグ操作をして数式を描いていくことで上のプレビュー画面で認識されます。数式を描きを終わったら右にあります「挿入」ボタンをクリックするとドキュメント内に挿入することが出来ます。 では「挿入」ボタンをクリックします。この様に手書きで入力した数式をドキュメント内に挿入することが出来ました。後はコンテキストタブの 「デザイン」タブを使って 編集することも可能です。このレッスンでは手書き数式の入力についてインク数式ツールの使い方を解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。