Office 2016 の新機能

他のユーザーと文書を共有する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
より簡単になった共有機能について解説します。OneDriveまたはOffice 365 SharePointを使用して、作業中の文書をWordの編集画面から直接共有することができます。
02:48

字幕

このレッスンではより簡単になった共有機能について解説します。OneDrive または Office 365SharePoint を使用して作業中の文書を Word の編集画面から直接共有することが出来ます。Word で文書が作成されています。ではこの文書を他のユーザーと共有する操作を見てみましょう。Word の編集画面から直接共有を実行するにはリボン右上の「共有」ボタンを使用します。では「共有」ボタンをクリックします。すると共有の作業ウィンドウが表示されました。他のユーザーと共同作業するには「ファイルのコピーをオンラインの場所に保存してください」というメッセージが表示されていますね。共有したい文書がクラウド上に保存されていない場合にはこのメッセージが表示されますので「クラウドに保存」ボタンを使用してOneDrive またはSharePoint に保存します。では「クラウドに保存」ボタンをクリックします。すると「名前を付けて保存」のバックステージビューが表示されますのでここで共有したい文書を保存するクラウド上の場所を指定しましょう。ファイル名も任意のものを使用することが出来ます。では今回は「インテリア」としておきましょう。 「保存」ボタンをクリックし保存が完了すると共有の作業ウィンドウには「ユーザーの招待」というテキストボックスが表示されます。クリックでカーソルを出してメールアドレスを入力するか右にあるアドレス帳のボタンをクリックして共有したいユーザーを宛先に指定します。もし複数のユーザーを招待する場合にはセミコロンで区切ってメールアドレスを指定しましょう。すぐ下のボックスはドロップダウンリストになっています。共有するユーザーを「編集可能」とするのか「表示可能」とするのか選択出来ます。またその下のボックスには簡単なメッセージを含めることが出来ます。必要に応じてマウスでクリックしてメッセージを入力すると良いでしょう。では今回は「確認お願いします」と入力しておきましょう。これで設定は完了です。後は 右下にある「共有」ボタンをクリックすると上で指定したメールアドレスの宛先に共有を知らせるメッセージが送信されます。このレッスンでは作業中の文書をWord の編集画面から直接共有する操作について解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。