Office 2016 の新機能

複数ユーザーで同時に文書を編集する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
共同編集機能について解説します。文書を OneDrive または Office 365 SharePoint に保存して、1つの文書を複数ユーザーで同時に編集することができます。
04:31

字幕

このレッスンでは共同編集機能について解説します。文書を OneDrive またはOffice 365SharePoint に保存している場合一つの文書を複数のユーザーで同時に編集することが出来ます。Word で文書が作成されています。このファイルは OneDrive に保存されています。ではこの文書を他のユーザーと共有して同時に共同作業をして見ましょう。使用するのはリボン右上の「共有」ボタンです。「共有」ボタンをクリックすると共有の作業ウィンドウが表示され真ん中辺りには現在編集中の私は Shimizu Akemiという情報が表示されています。その他に編集中のユーザーは今はありません。後程作業を行うと編集中のユーザーがこちらの一覧に登場してきます。ではこれからユーザーを一人追加していきましょう。上部の「ユーザーの招待」のボックスにメールアドレスを入力するか、右の「アドレス帳」のボタンをクリックしてアドレス帳から指定することも出来ます。では今回は「 user01 」を招待しますので「 user01 」をクリックで選択し「宛先」ボタンをクリックしたらOK ボタンをクリックします。これでユーザーの招待ボックスに user01 のメールアドレスを指定することが出来ました。 下のボックスは「編集可能」となっていることを確認し右下にあります「共有」ボタンをクリックすると私から user01 に共有を知らせるメッセージが送信されます。ではここから先は user01 の画面を見てみましょう。こちらが user01 のメーラの受信トレイの画面です。私からメールは届いていますね。「ShimizuAkemi さんがドキュメントをあたなと共有しました」「インテリア」を開くというリンクが挿入されています。こちらの「インテリア」を開くリンクをクリックするとブラウザ上に先程共有したインテリアフェアの案内状が展開されます。上部には「文書の編集」というボタンか゛用意されていますのでこちらをクリックすると編集が可能です。Word で編集するのかWord Online で編集するのか選択出来ます。では今回はWord Online で編集しますので「Word Online で編集」をクリックします。するとブラウザ上に編集画面が表示されました。今は user01 の画面を見ています。ではここで少し手直しして見ましょう。インテリアフェアのタイトルの「インテリア」を「家具」に変更してみます今 user01 が文書のタイトルを「家具フェア開催のご案内」と編集しました。 ではここから先は元の所有者であった私の画面に切り換えてみていきましょう。こちらが私 ShimizuAkemi のWord の画面です。画面の右上には「共有」ボタンに数字の「2」が表示されています。現在二人のユーザーが同時に編集中ですというサインです。また 共有の作業ウィンドウ内には先程までは表示されてなかった―user01 が表示されていますね。「リアルタイムで編集」と書かれています。Word ではリアルタイムで変更結果を確認することが出来ます。よって文書内のタイトルは既に「家具フェア」と変更されています。この様に文書を OneDrive やSharePoint に保存すると一つの文書を複数のユーザーで同時に編集することが出来ます。また Word ではリアルタイムでその結果を確認することも可能です。このレッスンでは複数のユーザーで同時に文書を編集する操作について解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。