Office 2016 の新機能

最近使ったファイルをメールに添付する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
メールにファイルを添付する際の新機能について解説します。最近使ったアイティムからファイルを添付することができます。
02:37

字幕

このレッスンではメールにファイルを添付する際の新機能について解説します。Outlook 2016 では最近使ったアイテムから素早くファイルを添付することが出来ます。では見てみましょう。まずはメールの操作に入る前に一つファイルを作成します。そうすると最近使用したファイルであるということがよく分かります。では今回 Excel を使って売上表を作成しましたこちらを保存します。「ファイル」タブから「名前を付けて保存」をクリックしではデスクトップに保存しておきましょう。ファイル名は「売上」としておきます。デスクトップに「売上」という名前でExcel のブックを保存しました。ではここからメールの操作です。Outlook を起動しメッセージを作成します。「ホーム」タブの左端の「新しい電子メール」のボタンをクリックするとメッセージの作成ウィンドウが表示されました。ここでファイルを添付する際には「メッセージ」タブの「挿入」グループ「ファイルの添付」ボタンをクリックします。すると最近使用したアイテムがリストアップされていますね。先程使ったばかりの Excel の「売上」というブックが一番上に表示されています。 ではこちらをクリックすると簡単に添付欄に挿入することが出来ました。この様に Outlook 2016 では「ファイルの添付」のコマンドの中に最近使用したアイテムが登場します。また最近使用したアイテムでない場合には下にあります「この PC を参照」こちらをクリックすると「ファイルの挿入」のダイアログボックスを使って挿入するファイルを探し出すことが可能です。今回は確認だけですので「キャンセル」ボタンをクリックしておきましょう。添付されたファイルの右には下向き三角が表示されます。下向き三角をクリックするとファイルを開いたり確認したり添付ファイルを削除したりすることも可能です。このレッスンでは最近使ったファイルをメールに添付する操作について解説しました。

Office 2016 の新機能

このコースではOffice2016から新たに導入されたWordやExcel、PowerPointなどの主な機能について解説します。実行したい操作にすばやくアクセスできる操作アシスト機能や画面の配色を変更できるOfficeテーマ、またより簡単になったドキュメントの共有や強化されたグラフ作成機能など幅広く紹介します。

46分 (14 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月02日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。