Apple Watch入門

通知の受信

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Apple Watchで通知を受信した際の確認の方法、および通知に対応する方法について解説していきます。
講師:
03:28

字幕

このレッスンでは、Apple Watch で通知の確認をする方法について、解説していきたいと思います。Apple Watch では、iPhone に届いた通知をApple Watch で手元で確認することが出来るようになっています。では、 Apple Watch の画面を確認していきましょう。いま、画面が消えている状態になっていますので、サイドにあるボタンを押して、画面を表示させてあげます。すると、こちらの文字盤の上のあたりに、赤いランプがついているのがわかります。この赤いランプがついていると、「通知が届いていますよ」ということになります。この、通知の確認の方法ですが、この、文字盤が表示されている状態の時に、画面を下にスワイプしてあげることによって、通知を確認することが出来ます。それでは試してみましょう。このように、画面を下にスワイプしてあげます。すると、このように、電話がかかってきたという通知を確認することができました。他にも通知がある場合は、この部分に、複数通知が掲載されている状態となります。では、こちらの通知をタップしてみましょう。すると、このように、その通知の詳細を確認することが出来ます。 また、通知の種類によっては、こちらに、様々なアクションを取ることができるボタンが表示されていることもあります。今回は、「閉じる」のみになっていますので、こちらの「閉じる」ボタンをタップしてみます。すると、このように、通知の確認が完了しました。では、元の文字盤に戻してみましょう。元の文字盤に戻す際には、画面を上にスワイプしてあげます。すると、このように、通常の時計画面に表示が戻りました。さて、この Apple Watch での通知の表示ですが、基本的には、iPhone に届いた通知が、そのまま Apple Watch に表示されるようになっています。ただし、iPhone の Watch App を使うことによって、Apple Watch で表示させる通知を選択することも可能です。それでは、 iPhone の方を見てみましょう。iPhone の Watch App を開きます。すると、このような画面になりますので、この中から、「通知」をタップしてあげます。すると、このような画面になります。この中で、通知の設定を行うことが出来ます。アプリによって、通知を受信したり、しなかったり、という設定は、こちらの部分で設定を行うことができます。 通知を表示したいアプリの、こちらのボタンですね。これを、このようにオンにしてあげることによって、このアプリで届いた通知を、Apple Watch でも受信することが出来るようになります。このように、Apple Watch の通知機能を利用すれば、わざわざ、 iPhone を取り出して、通知の確認をしなくても、Apple Watch で、手元でその内容を確認することができるので、とても便利です。

Apple Watch入門

Apple Watchはアップルから発売された腕時計型のウェアラブルデバイスです。iPhoneと連携させることでさまざまな情報にアクセスできます。このコースではApple Watchの基本的な使い方について解説します。基本設定や操作方法のほか、iPhoneとのペアリングや文字盤のカスタマイズ、Siriを使った音声入力やさまざまなアプリについて紹介します。

45分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。