C++ プログラミング入門

WindowsのMSYS2を使ったC++環境

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、MSYS2を使ったC++プログラミング環境の使い方について説明します。
講師:
04:05

字幕

このレッスンでは msys2 を使った C++ プログラミング環境の使い方について 説明します まず msys2 の起動方法について 説明します msys2 は インストールディレクトリに 3つのバッチファイルがあります これの内どれを起動しても msys2 は使えますが C++ で ウィンドウズプログラミングを行う際には この ming32_shell を 実行するのが無難です ダブルクリックすると msys2 の端末が起動します msys2 はインストール直後では コンパイラが入っていません なのでまず 「pacman -S gcc」と入力し コンパイラをインストールしましょう また エディタも一切入っていないため 例えば vim をインストールする場合は 「pacman -S vim」と入力し Enter 押すことで インストールができます では実際にここで msys2 を使った C++ プログラミングの流れについて 説明します まず vim を使って 適当なファイルを開きます ここは vim である必要はなく 例えばメモ帳のほうが 操作に慣れているというのであれば vim を消して「notepad」 と 記述して起動してもかまいません するとメモ帳が立ち上がります そしてここに C++ コードを記述します (キーを打つ音) ここでは例として hello world と出力する コードを記述します (キーを打つ音) 記述できました 記述が完了したら 保存し- エディタを終了します そしてコンパイルと実行を行います コンパイルには 「c++ --std=c++14」 そしてファイル名を入力し Enter キーを押します そしたらディレクトリ直下に a.exe が出来てますので このパスを ドットスラッシュから始めて a.exe を選択し Enter を押すと この様に実行されます この --std=c++14 は C++ 14 規格を使います ということを コンパイラに指示します これを付けないとコンパイラは デフォルトで C++ 03 を使うので 特に古い言語使用で プログラミングを行う必要がある場合を除いて msys2 を使ったプログラミングでは --std=c++14 と付けることを お勧めします またこの環境は ウィンドウズ上に限らず リナックスやフリービーエスディーなどの OS でも 同じ様な方法で C++ プログラミングを 行えます このレッスンでは msys2 を使った C++ プログラミング環境の使い方について 説明しました

C++ プログラミング入門

C++は動作速度が高速で、非常に汎用性の高いプログラム言語です。このコースではC++初心者の方を対象に、基礎的な事項を短時間で要領よく理解できるよう説明します。C++の開発環境の整え方から始めるので、他のプログラム言語の学習経験がない方でもC++を基礎から学べます。その他言語仕様や、いくつかの簡単なアプリケーションの作成方法などについても解説します。

1時間45分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月16日
再生時間:1時間45分 (32 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。