C++ プログラミング入門

条件分岐について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、条件によって処理を変える方法について説明します。
講師:
05:04

字幕

このレッスンでは 条件によって処理を変える方法について 説明します (キーを打つ音) これまでは一本道のコードばかり 書いてきましたが C++ では条件によって処理を実行したり 実行しなかったり ということができます そのための構文を if と呼びます if の中に- 括弧で条件を記述し その後に中括弧を書きます (キーを打つ音) if の括弧の中の条件が正しいと この中括弧の中の処理が実行されます ここではそれぞれ- 1 > 0 と 0 > 1 を条件に指定した if を― 記述し 実際に実行してみます この通り 条件が正しいほうだけが実行されたことが 分かりました 勿論 これでは― コード中に記述しているだけでつまらないので 入力を受け取り その入力によって処理を変えるコードを 書いてみます (キーを打つ音) 入力を受け取り その入力の値が― 10 より大きいか 10 より小さいか 10 と同じであるかによって 処理を変えてみましょう (キーを打つ音) if の括弧の中で主に使う演算子を 比較演算子などと言ったりします ほぼ数学記号と同じで > < が使えますが 値が同じであることを調べるには =ではなく ==を使います これは=が既に変数への値のセットとして 使われているからです 実際にこれを実行してみます 10 と入力すると n は 10 と表示されました 9999 を入力すると n は 10 より大きい と表示されました この通り条件分けによる実行ができています また― if の条件を満たさなかった場合も 書くことができます それには if の後に― else { を書き その中括弧の中に 条件が満たされなかった場合の処理を書きます (キーを打つ音) この様にすると 条件が満たされなかった場合の処理も 合わせて記述することができます (キーを押す音) 実際に― 条件を満たさない場合を試してみます この通り- n > 10 を満たさない入力では else の中に書いたほうが実施されました (キーを押す音) このレッスンでは 条件によって処理を変える方法について 説明しました

C++ プログラミング入門

C++は動作速度が高速で、非常に汎用性の高いプログラム言語です。このコースではC++初心者の方を対象に、基礎的な事項を短時間で要領よく理解できるよう説明します。C++の開発環境の整え方から始めるので、他のプログラム言語の学習経験がない方でもC++を基礎から学べます。その他言語仕様や、いくつかの簡単なアプリケーションの作成方法などについても解説します。

1時間45分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。