C++ プログラミング入門

コンストラクタとデストラクタ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、変数を生成した時と変数が破棄される時に自動的に行われる処理を記述する方法を説明します。
講師:
03:07

字幕

このレッスンでは 変数を生成したときと 変数が破棄されるときに 自動的に行われる処理を記述する方法を 説明します (キーを打つ音) 構造体には 初期化時に自動的に行われる処理と 破棄時に自動的に行われる処理を 記述することができます 初期化時に処理を行わせるものを コンストラクタと呼び このように記述します (キーを打つ音) ここではメンバ a を 10 で 初期化させています また 終了時に処理を行わせる部分を デストラクタと呼び― ここではメンバ a の値を表示させてみます コンストラクタ デストラクタの中では 直接メンバの変数名を書くだけで― そのメンバにアクセスすることができます ではここでメイン関数で hoge の変数 h を作成し― h のメンバ a の値を表示させた後― h の a に 99 をセットし このまま実行してみます この通り 10 99 と表示されました この cout 以前でメイン関数の中で h のメンバ a に 特に値を入れていませんが コンストラクタで自動的に 10 が セットされていることが分かると思います また 99 を入れた後表示するコードは何も メイン関数の中にはありませんが メイン関数が終了し この hoge h がなくなるときに― このデストラクタの処理が 実行されていることが分かります また コンストラクタで 変数の初期化を行いましたが 変数の初期化自体は コンストラクタを使わずとも メンバ変数名に 直接イコールと書くことでもできます 実際に実行します この通りコンストラクタを定義していませんが きちんと指定した値で初期化されていることが 分かります このレッスンでは 変数を生成したときと 変数が破棄されるときに 自動的に行われる処理を記述する方法について 説明しました

C++ プログラミング入門

C++は動作速度が高速で、非常に汎用性の高いプログラム言語です。このコースではC++初心者の方を対象に、基礎的な事項を短時間で要領よく理解できるよう説明します。C++の開発環境の整え方から始めるので、他のプログラム言語の学習経験がない方でもC++を基礎から学べます。その他言語仕様や、いくつかの簡単なアプリケーションの作成方法などについても解説します。

1時間45分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。