C++ プログラミング入門

エラー処理について

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、エラー処理を行うC++の例外という機能について説明します。
講師:
04:20

字幕

このレッスンでは エラー処理を行う C++ の 例外という機能について説明します (キーを打つ音) C 言語ではエラーの発生を 主に 返り値で表現していましたが C++ では例外機構というものが入りました (キーを打つ音) ここでは― 一つ― 整数型の値を1つ受け取り (キーを打つ音) 出力を行いますが もし 整数がマイナスだったら 例外を投げる― 関数 f を作成します 例外を投げるには throw を使います 例外には1つ変数を投げることになります (キーを打つ音) どのような変数でも 例外として投げられるのですが 通常標準ライブラリにある std exception を継承した― 何らかの例外クラスを投げるのが良いです 自分で std exception を 継承した物を作成してもよいのですが ここでは std except の中にある― std runtime_error を使います (キーを打つ音) std runtime_error を このようにすると― n がマイナスであるという エラーメッセージを付与した例外を投げます (キーを打つ音) また この例外が投げられたことを 検知するには― try catch というものを使います try の中で例外が起きるかもしれない― 関数を実行すると もし 例外が発生したときには catch に移動します (キーを打つ音) catch では受け取る例外の種類を 関数の引数と同じように指定しますが― 通常 例外は std exception を 継承するものを扱うので std exception の参照で 受け取るようにすると 大体の例外を catch できます (キーを打つ音) そしてエラーメッセージは std exception の― what を使うことで受け取ります (キーを打つ音) また 例外が発生したときには その時点で try の中の実行は 中断されます 実際このように 1 - 1 0 をそれぞれ与えて f を呼び出すコードを実行してみましょう このように 1 は正しく実行されましたが -1 を与えた時点で 例外が発生し 実行が全て中断され catch に移動しエラーが表示されました 標準ライブラリでも一部の関数などが 失敗時に例外を投げるようになっています 標準ライブラリの例外は全て― std exception を継承した 例外が飛んできます どのようなクラスのどのようなメンバが 例外を投げるかは コンパイラに付属するライブラリの ドキュメントなどを読むとわかります このレッスンでは エラー処理を行う C++ の 例外という機能について説明しました

C++ プログラミング入門

C++は動作速度が高速で、非常に汎用性の高いプログラム言語です。このコースではC++初心者の方を対象に、基礎的な事項を短時間で要領よく理解できるよう説明します。C++の開発環境の整え方から始めるので、他のプログラム言語の学習経験がない方でもC++を基礎から学べます。その他言語仕様や、いくつかの簡単なアプリケーションの作成方法などについても解説します。

1時間45分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月16日
再生時間:1時間45分 (32 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。