Googleアナリティクス基本講座

ユーザーの属性を知る(ユーザーの分布)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ユーザー分布レポートについてご説明します。ユーザー分布レポートは、サイトに訪問しているユーザーの性別などがわかるので、是非身て欲しいレポートです。
講師:
05:48

字幕

このレッスンでは ユーザーの分布レポートについてご説明します ユーザーの分布レポートは 是非見てほしいレポートです なぜならユーザーの年齢や性別といった情報が 表示されるからです ではさっそく表示してみましょう 左サイドメニューの「ユーザー」の中から 「ユーザーの分布」>「サマリー」を 押してください そうするとユーザーの分布の サマリーレポートが表示されます 見ていただくとわかるのですが 年齢別にどのくらいのアクセスが来ているのか また 性別で男性と女性どっちが多いのか といったような情報が表示されます とても有意義なレポートなのですが ここで二点注意事項をお話ししたいと思います まず一点目は このレポートを表示しようとすると 注意事項のようなものが表示される方 レポートが表示されずに― 何か設定をしてください という表示が出る方がいらっしゃいます その方は指示に従って設定を進めてください 事前設定をしておかないと― こちらのユーザー分布レポートは 表示されません 二点目はこの性別や年齢というのは どこからデータを持ってきているのか― ということです 実は Google はユーザーのパソコンの アクセス履歴などを元に この人はどんな年齢で性別はどちらなのか といったことを推測しています その推測したデータを見せてくれているのが こちらのユーザーの分布レポートになります ですのでこのレポートは 正確な値というよりは Google が大体この人は この年齢であろうというのを 推測しているデータを見せてくれている と認識しておいてください あくまで概要を把握するためのレポートです また もう一点 上部に黄色いマークで― このレポートのデータの一部は 閾値の適用時に削除された可能性があります と表示されている人もいると思います こちらはどういうことかというと 一言でいうと ユーザーが推測されないように Google はこのレポートの表示に限って データを一部マスク― まあ 削除という表現ですけれども してこのレポートを表示していますよ ということを表しています どういうことかというと 例えば極端な話― 60 歳のユーザーが 一人だけアクセスをしてきていて そのユーザーの検索しているキーワード というのが分かってしまったとします そうするとこちらの レポートを見ている側としては ひょっとしてあの人かな と推測できてしまう可能性があります こういった 個人をレポートから 特定されてしまうというのは Google のポリシー的には NG です ですので Google は そういった危険性がないように このユーザーの分布系のレポートを 表示させるときには 一部のデータをマスク 削除して表示してきます 別に本当にデータが削除された というわけではなく このレポートを表示する時に 削除しています― ということですので その点はご安心ください さて このように有意義なデータを確認できる ユーザーの分布レポートですが 他のも左サイドに 年齢と性別というのがあります こちらをクリックすると年齢別に より サイトの使い方が 詳しくわかるようになっています 確認すると 日付別の アクセス数の推移の割合― 年齢別で出てきます かつ その年齢のユーザーが どのくらいの直帰率であったり 平均ページビューはどのぐらいか というのが表示されています このようなデータを見ることで ある年齢には受けているけれども ある年齢にはどうも受け入れらていない― ということが分かったりします また こちらのセカンダリディメンション こちらをクリックして こちらに「デバイス」と入力してみましょう (キーを打つ音) そうするとデバイスカテゴリ というのが表示されますので こちらを押してください すると年齢別に かつどんなデバイスからアクセスが来たのか― ということが分かるようになります (ホイールをスクロールする音) 見てみると― 同じ年齢でもデスクトップとモバイル そちらで直帰率が違うことが分かります この場合同じ内容を見せているにもかかわらず モバイルのほうが直帰率が高い ということで ひょっとしたらモバイル向けのレイアウトが よくないのかもしれない― といった推測などができます このセカンダリディメンションは よく使う機能ですので 他にも見たいものがあったら 検索で色々入れてみましょう 例えばこちらに年齢ではなく 性別と入れてみます (キーを打つ音) そうすると性別がありますので こちらをクリックします すると― 年齢と性別が組み合わさった状態で どのような傾向があるのか表示されます 仮に 同じ年齢であったとしても 性別でサイトの反応が違うのであれば 何かコンテンツに違いがあるのかもしれない といったことが推測できます とても有意義なレポートです 左サイドの性別は 先程の一番左の部分が― 男性か女性か というような変わったデータになります 見方や使い方は一緒ですので 同様に有効活用していきましょう 以上このレッスンでは ユーザーの分布レポートについて ご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。