Googleアナリティクス基本講座

SNSの効果計測(ソーシャル)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ソーシャルレポートについてご説明します。ソーシャルレポートは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの効果を閲覧できるレポートです。
講師:
08:25

字幕

このレッスンでは ソーシャルレポートについてご説明します ソーシャルレポートは Facebook や Twitter などの― ソーシャルメディアの効果を 閲覧できるレポートです では早速 見てみましょう まず最初に ソーシャルネットワークの レポートを見るには― 「集客」の中の「ソーシャル」を選びます しかし見てみると 中には「サマリー」 「データハブのアクティビティ」― 「コンバージョン」など 様々なレポートが確認できます まずは「サマリー」を押してみます そうすると ソーシャル関係のレポートが 沢山あることが 書いてあります こちら 「詳細を表示しない」を押すと 閉じてくれます ここで ソーシャルとは何か ということについて考えてみましょう 一般的には Facebook や Twitter というイメージがあり― そちらから どのぐらいアクセスが来ていて どのくらい売上上がっているのか というのが 主な関心事項だと思います しかし スマートフォンが普及し よくよく考えてみると― ソーシャルで 急に悪評が広まってしまう もしくは 誰かがあなたのサイトについて 書いているので そこからトラフィックが ものすごく来るようになる といった― ソーシャルネットワークの広がりにより 様々な流入経路が出てきています けして Facebook や Twitter だけではなく― 世の中の人々と― どのようにコミュニケーションを 取っていくのか という所が ソーシャルの役割になってきている という形になっています そこで Google Analytics の ソーシャルレポートは 実は そのような多様なニーズに 対応できるように― レポートの拡張が進んでいっています 先進的な企業では このような ソーシャルでの自社の評判や― ブランドをキープする といった部分も含めて ソーシャルマネージャー というのが いたりもします そこで Google Analytics の レポートは そのようなニーズに対応できるように なっているのですが しかし 一般的な企業では やはり Facebook や Twitter から どのくらいアクセスが来ているのか また 成果につながっているのか というのが 重要な関心事項だと思いますし また そのようなレポートの確認から入るのが 私としてもおすすめです ですので 本レッスンではそのような観点で レポートについて説明していきます まず最初にサマリーですが こちらは 概要が書いてあるだけですので あまり見ても 参考になるものはありません 見てほしいのは 「参照元ソーシャルネットワーク」です こちらをクリックすると 分かり易く 様々なソーシャルネットワークから どのくらいアクセスが来ていて どのぐらい滞在してくれているのか― というものが分かります 中に入っていくと― どのような記事に Facebook から アクセスが来ているのか― という事が分かります こちらを見ることで― どのような記事が Facebook や Twitter で拡散されているのか― といったことが推測できます ランディングページというレポートがあります こちらは 先程と似ているのですが やはり ランディングページごとに 今度はメディアに対して分けずに― 共有されているかどうか ということが分かります このように ランディングページごとに セッションや― 平均セッション時間 というものが表示されています ここで データハブのアクティビティ数 というのがありますが これは はてなブックマークなどで ブックマークされたなど その記事が― Google が認識できるものに ブックマークされている― といったようなことを表しています より人気である ということを 表しているわけですね そして コンバージョンです コンバージョンは やはり今度は― Twitter や Facebook から コンバージョンに結びついているのかどうか― というのが分かります 実際に売上上がっていると こちらに数値が入ってきます 基本的なところとして 各媒体の評価という意味で行くと このように Facebook や Twitter から どのぐらいアクセスが来ていて どのような記事がリンクを貼られていて そして 売上上がっているのかどうか― というのを確認するのは ベーシックなところです さて 一歩進んだところに行くと やはり このデータを見て ではどうするか という所になってきます 今までお話ししたところで 傾向がつかめた中で― ではどのように改善を進めていくのか という所で行くと 本質的な部分では ソーシャルの コミュニティをマネージメントしていく― 一番最初にお話しした― ソーシャルマネージャ―というような 考え方になっていきますが そこまで行かなかったとしても― どのような記事が人気があるのか というのを元に― では その記事を似たようなもの ですね その記事の人気の秘訣を知り そちらを 量産していく― といったような事も考えられます また やはりより売り上げに 役立っているもの― そちらを見ることで どちらの媒体に 力を入れていくべきか― という判断にはなりますので そういったことを意識して改善を進めていく という形になります もう少し進んだ部分で― Google Analytics の使い方を お話ししておきましょう まず最初に プラグイン― こちらのプラグインというのは JavaScript でプログラムを 書かなければいけないのですが― その設定をしておくと あなたのサイトで どの部分の記事が― はてなブックマークに入った Twitter に入った Facebook に入ったというものを ボタンが押されているのか ということが分かります ボタンを押された時に Google Analytics に― データを飛ばすという JavaScript を 書く必要があるので こちらはプログラミンが必要ですが そういった設定を行っておくと データが溜まっていきます また データハブのアクティビティというのは 実際に はてなブックマークなどで ブックマークされた記事が分かります 最初データが出ていない という人もいると思うんですが こちら 「会話」と「イベント」という風に なっていまして イベントにすると― はてなブックマークでどの記事に対して ブックマークがされているのか― といった部分が分かります 「その他」を押し このページを表示とすると どのページか というのが分かります そして トラックバック― こちらは 他の人たちが― あなたのサイトに リンクを貼ってくれている つまり被リンク― そしてその被リンクから どのくらいのセッションが来ているのか― というのが分かります あなたのサイトに対して 沢山被リンクを貼ってくれているブログ そういったものが分かるというのは― その人に対して 色々アクションを取っていったりする― きっかけにもなりますので 是非 見てほしいデータです ソーシャルネットワークの普及により サイトへの被リンクというのは ただ ブログから貼ってもらうだけでもなく Facebook や Twitter などからも リンクが貼られていく という― かなり対応性を増してきました この ソーシャル関連のレポートを見ることで そういったどのような記事が人気があり 誰がリンクを貼ってくれていて どのように拡散されているのか― というのを確認しながら ソーシャルの マネージメントをしていくというのが 大切な作業になってきています 最後に ユーザーフローについて見てみます ユーザーフローは― ユーザーの中にあったユーザーフローと 同じようなレポートですが 最初に選択されている区分 ディメンションが ソーシャルネットワーク という点が 違います ただし 他は― 「ユーザー」の中の 「ユーザーフロー」レポート こちらで― (キーを打つ音) ソーシャルネットワーク と選んだ時と― 同じレポートですので さほど あやまなくていいですし また あまり有用なレポートではない と 私は思っています ただ ソーシャルから どこにアクセスが来ていて その後どうなったのか というのが 見れるという意味では 確認しておいて損はない レポートかもしれません 以上 このレッスンでは ソーシャルレポートについてご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。