Googleアナリティクス基本講座

サイトの表示速度を知り改善する(サイトの速度)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、サイトの速度レポートについてご説明します。スマートフォンの普及から、サイトの表示速度は大変重要になってきています。サイトの表示速度は、ぜひ一度確認しておきましょう。
講師:
05:45

字幕

このレッスンでは サイトの速度レポートについてご説明します スマートフォンなどの普及から サイトの表示速度は 大変重要になってきています 是非 サイトの速度レポートを使って― あなたのサイトの表示速度を 最善化していきましょう では 早速レポートを見ていきます サイトの速度レポートを表示するには― 左サイドの「行動」の中から 「サイトの速度」― そこからまず「サマリー」を選びます すると この例では― 残念ながら秒数が 0 となっています これは 今実際に このレッスンを見ている方でも― 0 という方はいらっしゃると思います こちらが 0 の理由は 元々このサイトの表示速度というのは サンプルを幾つか取って そちらの平均を表示するものです したがって サンプル数が十分にないと― そちらのページ表示速度というのは 表示されません 全ページの速度を すべて表示してくれるのではなく― あくまでサンプルから 大体の値が表示されている― ということを覚えておいてください では このように 0 表示されていないからといって― 他のレポートが使えないか というと そうではありません 特に 一番大事なのは どのように改善するか という所だと思いますが こちらは 速度の提案 というレポートが 用意されています こちらをクリックすると― URL 毎にページスピードの提案が リンクでクリックできるようになっています こちらを押してみましょう すると 分析が始まり― こちらのページをパソコン用に 表示を最適化をするには― このような ブラウザのキャッシュを 活用してください とか― 圧縮を有効にしてください といった 改善点が表示されます この辺りは かなり技術的には 厳しい所も出てきますが 是非 できそうな部分はやっていく― もしくは エンジニアと相談しながら 最適化をしていく― ということは チャレンジする価値はあると思います 「モバイル」と押してみると モバイルに関しても出てきます このように修正してください というものが 出てきます また Google Analytics には 直接は関係ありませんが― こちらの モバイル フレンドリーテスト というもののリンクが貼ってあって― こちらをクリックすると― やはり分析が始まり― あなたのサイトが モバイルでフレンドリー つまりスマートフォンに向けて 最適化されているかどうかを― Google が判定して その結果を 教えてくれます 駄目な場合は 改善点が 左サイドに表示されますので― 是非 この改善点を直し― モバイルフレンドリーなサイトを 目指しましょう 現在はスマートフォンのアクセスが 増えていますので― むしろ PC よりも スマートフォンを 優先したほうがいいかもしれません では レポートに戻ります このように 具体的な改善を行っていくには この速度の提案レポートが有用です まだ見ていないレポートに ページの速度と カスタム速度ありますけれども まず最初に 「カスタム速度」を押してみます カスタム速度のレポートは 通常皆さん 値が入っていないと思います これはどういうレポートかというと ご自身で JavaScript を書き― ある処理からある処理までの時間を― Google Analytics に 送ることによって― そのデータをサマリーして見せてくれる というものです よくありがちなのが 自作した JavaScript のプログラムが遅いので その 最初の処理が始まる 最初のスタートの時間と― 終わりの時間を計測し その差分を 何秒かかったという形で― Google Analytics に データを送信します そうすると そのデータが溜まることで 大体その処理に― ユーザーのブラウザ毎のものが 平均されていきますので どのぐらい速度がかかったのか というのが分かる仕組みになっています 今 ざっとご説明はしましたが このような機能は 基本プログラマーな方でないと― あまり使えないと思いますし そういう方でないと有用なレポートでない と 思いますので あまり見なくてよいレポートだと 思っておいてもらって良いと思います また ページの速度レポートに関しては― こちら 各ページごとに どのぐらいサイトの平均と違うのか― ということが出ています こちらも サンプル数が足りないと 数値が出てきませんので 少し 出てくるデータに 今から切り替えてみます はい データを切り替えてみました このように どのページがどのぐらい遅い もしくは速いのか というのが― 平均を中心に表されています こういったデータを見ることで どのページが遅いのか といことを― 具体的に知ることができます また このように データがたくさん溜まっているものであると― 「サマリー」を押すと― サイトの全体の平均読み込み時間などが 表示されます できれば 1 秒目指せると とてもいいのですが 中々今はプログラムなども入ってきて 難しい という状況はあります 平均読み込み時間を 1 秒目指す― そちらをして行こう と努力目標にしていく というのを心がけるといいと思います 以上 このレッスンでは サイトの速度レポートについてご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。