Googleアナリティクス基本講座

簡単にA/Bテストを実施する(ウェブテスト)

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではウェブテストについてご説明します。ウェブテストは、主にA/Bテストを簡単に実行できるためのツールです。
講師:
10:32

字幕

このレッスンでは ウェブテストについてご説明します ウェブテストは 主に A/B テストを 簡単に実行するためのツールです では 早速見てみましょう ウェブテストを見るには こちら「行動」レポートの中の― 「ウェブテスト」を選びます すると 何もない画面が出ます こちらに「テストを作成」というボタンが ありますので こちらを押します すると テストの作成画面に入りました ここで A/B テストについて 少しお話ししておくと― ウェブサイトでは― これはどちらのキャッチコピーの方がいいのか と迷うことがあります デザインなどもそうです そこで A パターン B パターン― という風に2つのデータを用意し― その 2つのパターンに ユーザーをランダムで振り分けることで― どちらの方が勝つのか どちらの方がより良い成果を出すのか― というのをテストするのが A/B テスト と呼ばれています このようなテストは 今までは― プログラムが必要だったり 難しかったのですが Google Analytics を使うと とても簡単にできるようになっていますので 是非 迷われた時は 使っていかれると 良いと思います テストの勝者も Google が 勝手に統計的な計算をしてくれて― こちらが勝ちました というような判定を してくれます では 早速やっていきます まずテストの名前を付けます これは例えば トップページキャッチコピーテスト と― (キーを打つ音) 分かり易い名前を付けましょう 今回行うテストの名前です そしてこの「テストの目的」 という所で 「指標を選択」 というのがあります こちらは 例えば直帰率が 少ない方が勝つようにするなど 色々選べます 目標設定をしている人は 目標も選べます まだ目標設定をしてない人は こちらから目標設定をして その後選ぶ ということもできます 今回は― 直帰率が少ないほうを勝ちにしよう ということにしました テスト対象のトラフィックの割合は こちら このまま行くのが良いでしょう そして重要な変更内容 こちらもオフでよいです そして 次のステップに入ります はい するとテストするオリジナルのページ― 最初のページの URL を 入れる画面になりました ここで 今回は テスト用のページを用意しましたので― こちら― こちらがテスト B パターンですね こちらが トップページなんですけど A パターンとします オリジナルがこちらですので― はい URL を入れました すると 勝手に読み込んで この画面のイメージを出してくれるんですね 中々高機能です ページ名は何でもいいんですけども― 分かり易く オリジナルなので オリジナルページとします そして もう1つ パターン1のほうですね こちらは― このリンク先ですので こちらにしますね はい これもプレビューを読み込んでくれます こちらとこちらをテストする という風になっています こちらもパターン1でもいいんですけれども― 例えばキャッチコピーを 青色に変えた となれば― (キーを打つ音) このように後から分かり易く付けとくと いいでしょう オリジナル対青色のキャッチコピーのバナーを 作ったパターン― という形ですね これと合ってないですけども このように入れます という例です そして 更にパターンを 追加することもできますが― 通常 ウェブテストは A か B かの A/B テストがお勧めです 沢山のアクセス― いわゆるナショナルクライアントと呼ばれる 一部上場企業のような― そういうサイトのアクセス数があるのであれば 多変量テストといって 沢山のパターンを テストしていく というのもありなんですが 通常 殆どのサイトにおいては― 沢山のパターンを用意するだけに まず 作るのに時間がかかるということと― やはり A か B か位まで絞ったほうが 結果が出やすいので― 本当に ご自身で3つ4つあったとしても こっちかこっちかと絞って― そして 勝った方とまた もう1個残ったほうをやる― というような考え方で進んでください やはり A か B かで行きましょう 次のステップに進みます はい そうすると こちらとこちらを テストしますよ ということで― テストコードの設定をしましょう という風になっています こちら またこれもよくできているんですが― 手動でコードを挿入 自分でコードを挿入できる人ですね コードをできない人というのは― ウェブの担当者の人にコードを送信します というのがあります こちらを押してみると― メールアドレス宛にですね― この人に 今メールを送る ということができるんですね ですので Google の 担当者の方のアドレスを入れて― こちら メールを送信してあげると やってくれる という風になっています これはよくできていると思いますが 今回は 自分でコードを挿入するという設定で こちらで行ってみます これはどういう風になっているかというと― まず スクリプトコードをページに追加します となっていて オリジナルページとパターンページに― Google Analytics のコードを 入れてくださいね と これは 当然入っていますね 入れておいてください そして オリジナルページの冒頭の head 開始タグの直後に― 次のテストコードを貼り付けます となっていますので こちらコピーしまして― オリジナルページですね の― head の直後― こちらに貼り付けます と なぜ上の方に貼り付けるかというと― アクセスが来た時に すぐに A か B かという― ここのコードが振り分けてくれます ですので上の方に貼ったほうがいい ということです はい これ保存します はい これでオッケーであれば 次のステップに行って下さい となっています 押してみます すると テストコードを検証 という風に なってくれます ここで 駄目な場合は このびっくりマークが出てくれます 青色キャッチコピーパターンの方に― Google Analytics のコードが 入っていませんね と これ テストページを作った時に やってしまうかもしれません Google Analytics のコードは 両方に入ってなければいけませんので― こちら 入れるようにしましょう ただ 入っていても出るときがあります その場合は 強制的に テストを開始することができます 今回は入っていませんので― テストコードを表示して― Google Analytics のトラッキングコード こちらを― はい これですね こちらを― ちょっとコードが分からない方は― 何をやっているのかな と 思われるかもしれませんが 一応 やっています はい テストページにも入れました これで 元に戻り― 変更を保存ですね これで再検証します はい オッケーになりました ということで テストを開始 とします すると テストを開始しました となって テストリストに移動 というのが出るので― これで 既にテストが開始されているんですね 中を見てみましょう まだデータは来ていませんので 何も表示されないんですが こちら― ずっとテストを続けていくと こちらにデータが出てきて― 一週間ほどですね 経つと どのような状況になりました というような結果も出ますし 当然一日毎でも データをまとめて― 今どういう状態ですよ というのを 表示してくれます 今見てもらったように― Google Analytics を使って A/B テストをするのはとても簡単です A パターン B パターンを用意して― コードを少し貼り付けるだけで すぐに Google Analytics がテストしてくれます この状態で 多くの人がこのアクセス トップページにアクセスしたときに― ちょっと今見ていただくと URL の後ろに 色々ついていますね このようなテストコードが付いたうえで― こちらのページを見せるのか それとも こちらのページを見せるのか というのを勝手に切り替えて テストを続行していってくれます これぐらい A/B テストは簡単ですので 是非 迷われた時は 実施してみてください なお A/B テストのコツ 最後ちょっとお伝えしておくと― A/B テストをやるときには― かなり大胆にレイアウトを 変えたほうがいいです ちょっとしたキャッチコピーだけの違いだと― よほどアクセス数を集めないと 違いが出ないことも多いので― もう ダイナミックに変えていく― 本当にコンセプトが違うのであったら 思いっきりそのコンセプトを全面に押し出す― 画面に写真を貼るときに 全然違う写真を貼る といったような― 見た目が思いっきり変わるぐらいをやると 結果が出やすいので― 使う時 覚えておいてください 以上 このレッスンでは ウェブテストについてご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。