Googleアナリティクス基本講座

アトリビューションについて知る

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、アトリビューションレポートについてご説明します。
講師:
03:05

字幕

このレッスンではアトリビューションレポート についてご説明します 最初にお話しておくと このアトリビューションレポートというのは 大企業のようにウン千万や それ以上の広告費を使っているという企業で かつ広告費の最適化を モデル化していきたいという ちょっと先進的な取り組みしたいという方が 使っていくようなものです 多くの中小規模のサイトにとっては こちらのアトリビューションレポートよりも マルチチャネルレポートの方が気づきが多く また広告費を最適化しやすいともいえます ですので今からご説明はしますが そういった意識で 聞いといてもらえるとよいかと思います アトリビューションは一つしかありません モデル比較ツールです こちらどのようなものかというと モデルをですね比較となっています VS となっていますね こちら選ぶと 例えば 「線形」でこれはまさに モデルの話なんですけれども 今ちょっと選んでみます そうするとですね 「終点」のコンバージョンというのは いわゆる標準のコンバージョンの評価です 最終のクリックいわゆる「終点」ですね 最後に役立った媒体を評価していくという コンバージョン数の数え方です こちら通常の考え方ですね テレビCMなどのコンバージョンが 役に立った数というのは0と考えるわけです そちらと「線形」で見たとき これはコンバージョン経路アシストした コンバージョンだったとしても 最後に役立ったつまり「終点」ですね 最後に役立ったコンバージョンだとしても 同じだけの評価を与えますよという意味で 「線形」というのはすべての経路に同じ評価を 与えるっていう意味なんですけれども そういった場合に 評価した場合はコンバージョン数というのが 当然変わってくるんですね その場合にどれぐらい変わるのか どちらの方が例えば「参照元サイト」これ より細かく見ますけども こちらの方が使えると思います このときに例えばある媒体ですね の評価としてどちらが正しいのか というのを判断するために使います 今ご説明しましたが こちら結局のところ どちらが正しいのかというのは難しくて どちらがより自分が適しているかと思う判断が 必要になってきます なので推測とそしてそのモデルで運用してみて コストのバランスがうまく合うのか というですね 検証をし続けなければいけないんですね これ非常に骨の折れる作業ですし 正直プロの手を借りないと そしてすさまじい広告費をかけてないと あまり意味のないレポートだと思いますので こちらはあくまで参考までで 通常は事実に気付く こんな形にコンバージョンしてるんだって 事実に気づけるマルチチャネルレポートを 使っていかれるとよいと思います 以上このレッスンでは アトリビューションレポートについて ご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。