Googleアナリティクス基本講座

カスタムレポートとは?時間帯別レポートを作成しよう。

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、カスタムレポートについてご説明します。カスタムレポートを活用すると、Googleアナリティクスの標準では確認できなかった様々な視点でレポートが簡単に確認できるようになります。ぜひ操作方法を覚えて、積極的に活用していきましょう。
講師:
08:39

字幕

このレッスンではカスタムレポートについて ご説明します カスタムレポートを活用すると Google アナリティクスの標準では 確認できなかった 様々な視点でレポートが 簡単に確認できるようになります ぜひ操作方法を覚えて 積極的に使っていきましょう では最初にカスタムレポートを 説明していきます 今「ユーザーサマリー」レポートを見ています こちらで例えば 朝の8時頃アクセスが多いのか それとも午後2時ぐらいにアクセスが多いのか といったことを知りたい という要望があると思います ここで「時間帯別」というボタンが ありますので こちらを押してみます しかし出てくるデータは あまり希望とは違うと思います こちらは各日付ごとに より細かく時間帯ごとにレポートを 書いたものなんですね では見たかったレポートは どのようにすれば作れるのか こういったときに使えるのが カスタムレポートです カスタムレポートを見るには 上の方に「カスタム」というのがありますので こちらをクリックします するとカスタムレポートの作成画面に入ります 作ったものもここに管理されています ここで新しい「カスタムレポート」と押すと 新しくカスタムレポートを作れます 「カテゴリを作成」とやると カテゴリが作れます 今こちらがカテゴリが作ってあります たくさんのものが増えていくと 管理がややこしくなりますので カテゴリを作っておくとよいでしょう ただ少し操作方法に癖がありまして カテゴリを作成して今ご説明しますけれども 例えば「自作カスタム」という カテゴリを作りました こちらにこの中に入れたい場合は こちらの左サイドの点々のところですね こちらをクリックして こちらにうまく入れるようにします しかし失敗すると上の方に来ちゃうんですね これ中々操作が難しいんです こちら 中々うまくいかないかもしれないんですが ちょっとしたコツとしては なるべく長くクリックして後ろの方ですね 押すとうまく移動してくれます お尻のほうにこう持っていくという風な イメージであるといいと思います 1回入ってくれるとこの下に持って行くことで 結構すんなり入ってくれます はいこのようにですね 出したいときはこちらも このマウスが外に出ないようにして このあたりでやると出てくれます このようにしてカスタムレポート 区別していけるんですけれども この中でではどういう風にして作っていくのか 1つこちらで作ってあるものを例にして ご説明していきましょう クリックします クリックすると今はレポートが出ていますが こちら「編集」と押すと編集ができます 新規作成のときもこのような画面になります 一個ずつ選んでいくと大変時間かかりますので 今作ってあるものをお見せしていますが まず最初にタイトル タイトルに関してはこちら今作ろうとしている レポートの名前を入れればOKです そしてこちら今レポートの内容で タブが2つ作ってありますけど こちら新しく作ると 最初はこのような画面になってるんですね このタブが何かは後でレポートを中心に ご説明します 本当にいわゆるタブです ここで新しく名前を入れて ここに「指標グループ」の名前を入れて 指標を追加していくっていう形なんですが この状態だと また分かりづらいかと思いますので すでに作ってあるものでいきますと こちらタブの名前は「曜日別」 というのを入れました 曜日別でレポートを出しますということですね 「指標グループ」こちらも後でレポートを 見てもらうと分かりやすいんですが 通常は2つ作らない方がいいです これ追加できますけども 今2つあえて作ってますが 1つの中になるべくたくさん入れた方が 分かりがいいです ですので今2つ作っていますけども 1つでその中にいくつか追加していくと 覚えてもらえたらと思います 指標は「セッション」「ユーザー」 「セッション時間」という風に並べています そして次にディメンションを選びます ディメンションは 最低1つ選べばいいんですけれども 最初これは「曜日の名前」と入っています 曜日ごとに並べようということですね こちら他にもありまして クリックすると「曜日」と入れると 「曜日」と「曜日の名前」ってあります この「曜日」というと数字で並んできます こちら0が日曜日で並んでいくんですけれども 今「曜日の名前」にしているのは そっちのは分かりやすいからですね その下に「時間」が入っています こちらもレポート見てもらった方が 早いと思いますのでそちらを見てもらいます レポートには「フィルタ」も 追加できるんですが 通常の「フィルタ」は追加しないで 使っていくことが多いと思います 「フィルタ」っていうのは こちら「トランザクションID」にフィルタを かけるとかいろいろ選べるんですね そして「保存」を押すという形になっています これ変更していますので「保存」しましょう こちら新しくレポートを新しく追加したので こちらは何も入っていないと 怒られちゃいますので消しときます で「保存」です ここでご説明していきます まず最初にタブを作りますとお話したのは こちら「曜日別」「時間帯別」ということで これがタブですね 切り替えて レポートをパッと切り替えられるので便利と これこそがまさに一番最初にお話していた どの時間帯がアクセスが多いか というのが視覚的に出ていますけども このようにタブで切り替えて 作ることができます そして「指標グループ」というのはこちら このように2つ出てくるんですね 作ると これ何が切り替わっているのかというと こちら今3つ並んでますね 指標が3つ並んでいます グループをもう1個作ったので 「収益」を押すと やっぱりこれも指標が 3つ作ってあって別のものが出てくるんですね このように上部の指標グループを 切り替えることで 同じディメンションで 別のデータを見て行くということができますが さっき一列にわざわざ指標グループは あまり作らない方がいいですよとお話したのは これ両方一緒に見たいことの方が多いんですね 切り替えずに ですので先ほどの 部分がこの右側に並んでた方が便利なわけです ということで指標グループをあまり作らない ほうがよいでしょうというお話になります さてこれは一体何を表しているのかというと 今は曜日別に並んでいます 曜日別にどのぐらいのユーザー数が 来ているのか そしてセッション時間は どのくらいなのかというのが表されています そして「曜日」に入っていくと その曜日ごとの時間帯が合計されて 出てきてるんですね 「期間」はこちらを指定しています このように「曜日別」「時間帯別」の レポートが出せるというのが特徴です こちら時間帯の場合は並び替えを しておくと便利です 23時からにしましたけど もう1回クリックすると 昇順・降順が入れ替わって 0時から並びますので まさに見たかったデータですね 水曜日の「時間帯別」アクセスが出てくると そして「収益」に関しても このようにどのくらい上がっているかが 分かると 何時に上がっているかが分かる というようなレポートを作ることができました 優秀な人が作ってくれた カスタムレポートがソリューションギャラリー というところからもインポートできますので そういったものを活用されても よいかと思います 以上このレッスンでは カスタムレポートについてご説明しました

Googleアナリティクス基本講座

Googleアナリティクスは無料で高機能なゆえ、多くのサイトで導入が進んでいます。このコースはGoogleアナリティクスを初心者の方でも学べるよう構成されています。基本的な操作方法からユーザーレポートの使い方や目標設定の方法、また集客レポートやコンバージョンレポートなどについて解説します。ぜひあなたのサイトの改善にこのコースをお役立てください!

6時間32分 (63 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年12月17日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。