Windows 10 の新機能

復活したスタートメニューについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタートメニューについて解説します。Windows 10では、スタートメニューがより使いやすくなって戻ってきました。
06:31

字幕

このレッスンでは スタートメニューについて解説します Windows 10 では スタートメニューが より使い易くなって戻ってきました 見てみましょう スタートメニューを表示します タスクバー左端の「スタートボタン」を クリックします スタートメニューが表示されました 右には Windows 8 や 8.1 で おなじみの スタート画面のような形式で プログラムやアプリケーションを 起動するためのタイルが配置されています 左には従来の形式の スタートメニューが表示されています 一番上にはユーザー名が表示されていますので こちらをクリックすると 「アカウント設定の変更」や 「ロック」「 サインアウト」― 「アカウントの切替」を 実行することができます その下には「よく使うアプリ」として ユーザーの使用頻度の 高いアプリケーションが リストアップされてきますので ここからクリックする事で 簡単にアプリを起動することができます また右には「ジャンプリストを表示」という ボタンが用意されています こちらをクリックすると 最近使用したファイルの 一覧を確認することができ マウスでクリックすると 直接アプリケーションで ファイルを開くこともできます また下の方には 「エクスプローラー」「 設定」「 電源」― 「すべてのアプリ」という項目も用意されています 見てみましょう 「エクスプローラー 」をクリックすると 「エクスプローラー」ウィンドウを 開く事ができます 「設定」 をクリックすると 「設定」変更するための画面が表示されます 「電源」をクリックすると 「スリープ」「 シャットダウン」 「 再起動」を実行することができます 「すべてのアプリ」をクリックすると インストールされているアプリケーションを 一覧で確認することができます アプリケーションは アルファベット順に表示されてきます たくさんのアプリケーションが インストールされている場合には 探し出すのが大変ですね そこで頭文字検索が有効です 各項目の見出し 例えば A や B と 表示されている位置をクリックすると 頭文字の一覧が表示されます ここで 例えば W から始まるアプリを 探したいのであれば W の位置をクリックすると W で始まるプログラムや アプリケーションの一覧が表示されます 全てのアプリケーションの一覧から  元の画面に戻るには 一番下の「 戻る」ボタンをクリックします これで元のスタートメニューの一覧に 戻ることができました では次に スタート画面右に 新しいタイルを 追加する操作を見ていきましょう では これから Word のタイルを追加します まず 「すべてのアプリ」をクリックし 頭文字検索をして W をクリックしたらWord を見つけます Word のアイコンもしくはファイル名を 右クリックすると 「スタート画面にピン留めする」 という項目がありますので こちらをクリックすると スタート画面の一番下にピン留めされました 解除をする場合には タイルを右クリックすると 「スタート画面からピン留めを外す」 と出てきますので こちらをクリックすると 解除することができます このように 右クリックで配置をするか あるいは ドラッグ操作で 直接 スタートメニューに 配置することも可能です 配置したタイルはドラッグ操作で 位置を自由に移動させることもできますし タイルを右クリックすると 「サイズ変更」も可能です 小さくしたり 中くらいにしたりと 選択できるようになっています また新しいグループを作成する事もできます スタート画面一番上に配置した Word のタイルには まだグループ名がついていません グループ名の位置を マウスポインターをポイントすると 「グループに名前を付ける」 と表示されますので クリックすると カーソルが点滅し グループ名の入力が可能です では 今回は「ビジネス」という グループ名を付けてみます このように 自由にグループを 設定する事もできます また スタートメニューは 拡大縮小が可能です 右端にマウスポインターをポイントし ドラッグ操作をすることによって このようにサイズ変更ができます 上下の変更も可能です スタートメニューの端に マウスポインターをポイントし ドラッグ操作で サイズを変更する事ができますので お好きなサイズに変更して使っていきましょう また スタートメニューを全画面表示にし スタート画面として使うこともできます その場合は設定の変更が必要です  見てみましょう 「設定」をクリックします 「設定」の画面が表示されましたら 「パーソナル設定」をクリックします 左のメニューから「スタート」を クリックします 上から3つ目「全画面表示の スタート画面を使う」をオンにします これで設定は完了です ではタスクバーのスタートボタンを クリックします すると 全画面の スタート画面が表示されました 全画面表示のスタート画面を 使っている時には スタートメニューは自動的には表示されません スタートメニューを表示するには スタート画面左上の 「メニュー」のボタンをクリックします これでスタートメニューを 表示する事ができます では設定を戻しておきますので 先ほどと同様に「設定」をクリックし 「設定」画面で 「パーソナル設定」>「スタート」を選択し 「全画面表示」をオフにしておきます これで元々のスタートメニューの 大きさに戻りました このレッスンでは より使い易くなって戻って来た― スタートメニューについて解説しました

Windows 10 の新機能

このコースではWindows 10の主な新機能について解説します。より使いやすくなって戻ってきたスタートメニュー、新しく搭載されたWebブラウザMicrosoft Edge、その他タスクビュー機能やデスクトップ/タブレットモードの切り替え機能などを紹介します。新たな機能やツールをフルに活用するために、ぜひこのコースをご覧ください。

27分 (6 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2015年12月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。