Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopで直接テロップを入れる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで直接開いているビデオに対してテキストレイヤーを作成し、それを最適な時間位置に配置するための操作について解説します。
講師:
05:08

字幕

このレッスンでは Photoshop を使ってビデオの上に直接テロップを入れていく手順を解説します。はいそれではですね今の状態ですが Photoshop で直接ビデオを開いています。ではここにですね Photoshop 上で直にテロップを入れてみましょう。ではまず最初に通常のこの「文字ツール」、これを選んだ上で普通に Photoshop 上で文字を打つのと一緒のように適当な場所をクリックします。そうするとテキストの入力状態になりましたが背景が透明になってしまいました。これで構わないのでとりあえず文字を入れてみましょう。このように文字をですねまず1個加えました。さてこれなんで背景が透明になってしまったかというとこの「タイムライン」を見ると分かります。ちょっと全体を縮小して見てみるとこの「ビデオグループ1」の中ですね。元々のビデオはここあるんですけどそれの後ろに継ぎ足される形で文字が作成されてしまってます。時間が延びて新たなですね、部分として文字だけがあるという場所が作られてしまいました。こうではなくこのビデオの方に重ねたいのでこのような操作を行います。今ですね同じ「ビデオグループ」この「ビデオグループ」の中に入ってしまってるのでこのテキストレイヤーですね、これをドラッグして「ビデオグループ」から出します。 こうして「ビデオグループ」からですね外側に文字が出てくるとこっちの「タイムライン」上にも独立したレイヤーとして表示されます。そしたらこっちですねドラッグしてくればこの重なった部分に文字が入ります。そしてですね、ビデオのテロップを作るときのコツなんですが今背景が黒っぽいとこに黒文字なんでちょっと見えないですよね。ただしビデオなんで時間によって重なってるものが変わるので一色の文字にしてしまうとこのように場面によって見えづらくなりやすいです。なので例えば黒で文字を打ったとしたら白っぽい色で縁をつけておく。そのような作業が必要になります。今回はですね右クリックして「レイヤー効果」から「境界線」これを実行して白でですね、境界線を作っておきましょう。はいOKするとこのように文字を打つことができました。ではですねこれを踏まえた上で今1個目が出ましたのでじゃあ次に2個目のテロップですねそれを入れてみましょう。そしたら今1個作ったこのテキストですねこれを活用してこのテキストを右クリックして「レイヤーを複製」を実行します。そしたら2個目ができますね、そしたらこの2個目の部分ですね、これを移動させて2個目を表示したい時間位置に持ってきます。 そうするとここから文字が出るようになるので内容だけですね。これを入れ替えます。このときですねずっと真ん中に揃えたい場合には「テキスト中央揃え」にしておけば内容を打ち変えてもですね。常に中央に配置されるので便利ですねこれを繰り返していけば次々と違った内容のテロップを表示することができます。このテキストですねテロップの部分はドラッグすることで長さを好きなように調整することができます。はい例えばですね、数十分など長いコンテンツを作る場合にはPremiere Pro などビデオ編集ソフトの方で文字を入れていった方が楽なんですが、もう数個だけですね、2・3個だけ文字をちょっと軽く入れたいなという場合にはこのように Photoshop の機能を使って簡単にビデオに文字を入れることができます。この状態で「書き出し」を行えばちゃんとですね文字の入ったビデオとして独立して作成されます。さあ非常に手軽な Photoshop で文字を入れる機能ぜひとも覚えておいてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。