Photoshopをビデオ編集に活用!

ビデオ用のテンプレートの詳細

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopでテロップを作成する際、新規書類の作成時にどのテンプレートを選べばよいか、フォーマットの内容を交えて解説します。
講師:
07:40

字幕

このレッスンでは Photoshop でのビデオのテンプレートの選び方について解説します。はいPhotoshop でテロップを作る場合ですね。まず Photoshop の方で新規に書類を作ってそこに文字を入れていくということになります。はいそのときなんですがちょっと注意点があります。「ファイル」「新規」から新しく書類を作りましょう。Photoshop にはビデオ用のテンプレートがあらかじめ用意されています。「ドキュメントの種類」で「フィルムとビデオ」ですね。これを選びます。そうすると「サイズ」のところにさまざまなですね。ビデオのサイズが収録されています。例えばですね HD のビデオを作りたいといったときよく見るとここに「HDTV 1080p/29.97」とはい1個あります。ちょっと上を見ると、「HDV 1080p/29.97」というのもあります。どちらもですね 1080pつまり画面の縦のですねピクセル数が 1080 のものですね。これがどう違うのかちょっと実際に見てみましょう。まず「HDTV 1080p」の方ですね、これを選んでOKします。そうするとこのような16対9のですね、テンプレートが立ち上がってちゃんとこのビデオのセーフマージンですねこれも引かれています。 では例えばですね、何かテキストを打ってみましょう。このようなテキストを1個打ってみました。ではこれ1個目ですね。そしたらまた「ファイル」「新規」これを実行して「フィルムとビデオ」から今度はですね「HDV 1080」の方ですねこれを選んでみましょう。さあこれでOKするとはい見た目的には全く同じものが作成されました。でテキストを打ってみるとはいこれもですね、全く見た目的には同じようなものが打てましたね。両者を見比べるとパッと見では差がないように見えます。では何が違うかというとHDTV 1080p の方はイメージ画像解像度を見るとピクセル数ですねピクセルに直すと幅が 1920 ピクセル高さが 1080 ピクセルこのような状態となっています。対して HDV 1080 の方はイメージ画像解像度で見てみるとはい高さはですね1080 ピクセル同じなんですが幅が 1440 ピクセルしかありません。であれば本来はですね、最横が短い書類になるはずなんですが見た目一緒ですよね。はい実はこれがですね、印刷やウェブにはないビデオ独特の考え方でピクセル縦横比というものが適用されています。では「表示」メニューのですね「ピクセル縦横比」というところここで「正方形ピクセル」というのを選んでみるとはい横が詰まった表示となりました実は横が 1440 ×高さが 1080 という書類は本当はこの大きさとなります。 はいただしこの HDV 1080 というプリセットでは横のですね長さをピクセルの形がですね正方形ではなくて1つのピクセルの長さが横に 1.33 倍と解釈して表示されています。そうすると横に伸びたような感じになり、見た目的にはピクセル数が少なくてもこのように同じような見た目となります。はい実はですね映像の比較にはちゃんと完全に横 1920縦 1080 ピクセルちゃんとしたピクセルのある HD と今のピクセルの縦横比を使って実際のピクセル数よりも横長に見せる。これをスクイーズと呼びますがスクイーズされた HD両方が混在しています。身近なところでは日本のテレビ放送でも地上波デジタルの放送はスクイーズされた本当は横が 1440 ピクセルしかないものを横に伸ばして表示している状態となっています。対して同じテレビ放送でも BS ですねBS デジタルの場合にはちゃんと横に1920 ピクセル縦 1080 ピクセルですね。それがあってピクセル縦横比が正方形になってる HD となっています。なのでちょっとですね。もしこれから同じ番組を BS と地上波で両方見る機会があったらよく見比べていただくとBS の方が若干画質が良いということに気づくと思います。 このようにですね2つの規格が混じっていて最近はこのスクイーズしてないものを使う方が多いんですがスクイーズされた状態の素材を編集することもあるのでそれに最適なテロップを作るときには最初のテンプレートもスクイーズされた方をですねそれを選びます。はいこのテンプレートを選んだ時にもですね。幅と高さのピクセル数がちゃんと出てるのでこれをですね間違ってないかこれをよく確認してください。最終的にどちらになるか分からないという場合には大きい方ですね。1920 × 1080 こちらの方を選んでおけば間違いありません。この HD 以外なんですが多いところとしてはいわゆる SD 画質ですね。この通常の NTSC DV というのを選んだ場合もワイドスクリーン 16:9 の比率を選んだ場合もどちらもですねピクセル縦横比が実は正方形じゃないんですね。ワイドスクリーンの場合には横に伸ばされていて4:3 のスクリーンの場合には逆にちょっと縮まってます。0.9 倍されて 4:3 の画角になるとこのような規格になっています。そしてそれらのテンプレートを選ぶとこのように警告が出てくるのでこの警告が出てきてるときには画面の比率ですね。 画面の比率ですね実際のピクセル数よりもスクイーズされている伸ばされているもしくは縮まっているという状態になっているんだなということを意識してください。このピクセル縦横比という概念ですね印刷やウェブにはないものなのでぜひとも覚えておいてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。