Photoshopをビデオ編集に活用!

マスクのアニメーション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーに適用したマスクをアニメーションさせて様々な効果をうみだすための手順について解説します。
講師:
04:23

字幕

このレッスンではレイヤーマスクで切り抜かれたレイヤーの移動について解説します。はいこの鳥の部分、これはレイヤーマスクで写真が切り抜かれた状態となっています。そして下地はこれはグラデーションですね、塗りになっています。ではこのですね鳥のレイヤーこれをアニメーションさせてスーッとですね飛んでいるようなところを作ってみようと思います。ではまずですね「ビデオタイムラインを作成」これをタイムラインパネルで実行します。そうすると鳥の「レイヤー0」ですね、と「グラデーション」がそれぞれできるのででは「レイヤー0」を開けてはいアニメーションさせてみましょう。では「移動ツール」を選んでまずスタートの位置ですね、じゃあこの辺にしましょう。「位置」にチェックを入れます。そしてそしてゴール地点を決めて鳥を動かして、ゴール地点と一見何の問題もないように見えますね。ところがこの状態でアニメーションしてみると実はこんなことになってしまいます。はいレイヤーマスクだけ残ってしまって元の写真だけが動くのでこのようにずれてしまって切り抜きが破たんしてしまいます。はいでは1回ですね「ファイルメニュー」の「復帰」を実行して戻しましょう。 なんでこんな風になってしまうかというとこの「位置」の設定ですね。実はこのビデオタイムラインの上もう1回クリックして項目を出してみるとはいここの「位置」というのはあくまでこのレイヤーの位置ですね、これを決めてるだけで「レイヤーマスク」こちらは別の項目として設定があります。なので今のようにですね移動させたいときには「位置」と「レイヤーマスクの位置」両方にキーフレームを入れてそして移動ツールで動かします。移動ツールで動かすとこの「レイヤーマスク」のですね位置と「レイヤー」の位置これが同時に動くのではいじゃあこれスタート地点でそして今度ですね、ゴール地点を決めてあげると今度は両方にですねキーフレームができてるのでちゃんと切り抜いた形でこのように移動していくことになります。これがですね逆の方法として「レイヤーマスク」だけ動かすと写真の一部だけ表示させて表示させる部分を動かすというそんなスポットライトのような効果を作ることもできます。はいではもう一度「ファイル」の「復帰」を実行して戻しましょう。もう1回ビデオタイムラインを作ります。後ですねこの「レイヤーマスク」に関してはもう1つ「レイヤーマスクを使用」というのがあります。 はいでは途中の適当な時間軸ではいここで「レイヤーマスクを使用」ですね、ここにキーフレームを入れます。そしたらここをクリックして1コマだけワンフレームだけ進みます。はいここでこの「レイヤーマスク」を右クリックして「レイヤーマスクを使用しない」こうすると、はい、切り抜き前のですね、他の部分が出てきます。こうしておくとですね、はい時間軸のここまではレイヤーマスクが適用されて切り抜かれていてここから元の背景が出てくるとこんな使い方もできます。これ逆もできますね、ある部分まできたら切り抜かれるとはい、そんなアニメーションも作れます。はい「レイヤーマスク」ですね、通常は「移動ツール」なんかを使っているともう完全にレイヤーと一体化して使えますがこのアニメーションに使用する場合にはあくまでレイヤー本体とですね、ちょっと分かれた存在として「位置」と「使用するしない」これが両方されています。特に移動ですねかなり戸惑ってしまうケースも多いのでぜひとも覚えておいてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。