Photoshopをビデオ編集に活用!

実例:スライドショー動画

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のレイヤーに配置された写真を、Photoshopの機能だけで動画スライドショーにする手順を解説します。
講師:
06:03

字幕

このレッスンでは Photoshop を使ってスライドショー動画を作る手順を解説します。はいそれではですね 複数の写真が徐々に出てくるですね。スライドショーそれを作ってみましょう。ではこのレッスンのサンプルファイルですが全部でですね3つのレイヤーがあります。レイヤー1番が山ですね 2番が海3番が夕焼けとはいこの様に複数のレイヤーとなっています。枚数は何枚でも構わないんですがこのようにしてですね、スライドショーに入れたい写真をレイヤーとして重ねた状態にしておきます。はいではこの状態で「ビデオタイムラインを作成」これをクリックします。そうするとタイムラインの上に各々のレイヤーが並びますね。はい最初の状態としてですねまずレイヤー3この「不透明度」を0にしましょう。これで見えなくなりましたね。では次に「レイヤー2」これも「不透明度」0にします。では「レイヤー1」ですね。これが最初から表示されているレイヤーとしましょう。ではずですねレイヤー2の詳細を開いてそしたら時間位置を1秒ですね ここに移動します。そしたらこの「不透明度」のですね、キーフレームをオンにします。そうすると1個目のキーフレームができるのではい この状態で2秒目に移動してですね。 今度は「不透明度」この部分を100%にします。そうすると写真が見えるようになりました。こうすると再生してみると1秒かけてふわっとですね。このようにして次の写真に切り替わるとはいこんな感じのスライドショーにすることができます。また単にですねフェードインしてくるだけじゃなくて例えば はい3秒の時点で「位置」にですね、キーフレームを入れてこれでゴール地点の「位置」が決まりました。そしたらこっち移動してですね、ここで「移動ツール」を使ってレイヤー見えなくてもちゃんと移動しているのでこのように「位置」をですねずらしておくとはいこんな感じでフォードインしながら位置も動いていくとはいこんな使い方をすることも可能です。そしたら今度は3秒目に移動してですね。じゃあ今度「レイヤー3」ですね。方法としてはですね、今みたいにフェードインしてから位置を決めてもいいですし、最初に一旦ですね絵を見える状態にしておいてでは4秒目で位置がここにゴールと3秒目はアニメーション開始ということで他の位置に持っていきます。こうするとこうして写真が動いてきますね。そしたら今度は4秒目ここで「不透明度」をオンにして3秒目で「不透明度」をですねこれを0にしておくとはいフェードインしながら写真がやってくるとはいこんな感じを作ることができます。 再生してみるとはいこんな形ですね。でこの写真の出てくる速度はキーフレームを動かせば調整できるので例えば今このような速度で1秒間でですね写真が出てくるんですが例えばゴール地点のキーフレームを1秒ずらせばはいスピードがゆっくりになりますね。はいこのようにして簡単にスライドショーの動画を作ることができます。でもう1つだけポイントなんですけど一番最初ですね、真っ暗の中からフェードインしてくるの多いと思います。ビデオ編集ソフトだと例えばこの一番下のですねレイヤーこれを「不透明度」を0にすれば真っ暗になるんですがPhotoshop の 場合では真っ暗じゃなくてちょっとやってみましょう。はいここで「不透明度」1秒目でオンにしてでは一番先頭で「不透明度」を0にするとはい透明になってしまいますね。なのでこういったときはですね、これがおすすめです、ここの部分でクリックすると「べた塗り」というのがあるのでこれをクリックしてそしたら黒ですね黒のべた塗りを作ってやってこれを一番下のレイヤーとして置いておけば一番最初真っ暗から始まってというスライドショーの定番ですね。そういった形にすることができます。はいスライドショーはですねかなりかなり何枚も撮った写真を1個の動画にまとめるという需要が高いと思うんですがPhotoshop だけを使ってもですね。 こんな感じに十分スライドショーとして見ごたえのあるものを作ることができます。この方法ですねぜひとも試してみてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。