Photoshopをビデオ編集に活用!

実例:色が変わるネオン風テキスト

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストとレイヤー効果を併用して、様々な色に変化するネオンサイン風のアニメーションを作成します。
講師:
05:10

字幕

このレッスンではカラフルに変化するネオンサイン風の文字のアニメーションを作ってみましょう。はいそれではですね今このレッスンのサンプルファイルですが唯の黒い背景にテキストで「ネオンサイン」と書いてあるだけです。シンプルなテキストレイヤーですね。ではこれをですねカラフルに変化するようにアニメーションさせてみましょう。ではまず「ビデオタイムラインを作成」します。はいタイムラインができました。ではですね。ネオンサインのタイムラインを開けて「スタイル」ここの先頭にキーフレームを入れます。じゃあこの状態でレイヤーを右クリックして「レイヤー効果」はいこの中から「カラーオーバーレイ」ですねこれを選びます。はい「カラーオーバーレイ」ではここのですね。色で選んだカラーが元々のレイヤーの上に用されるという効果ですね。はいこれですね 1秒間に2回ほど色が変化していくようにしてみましょう。ではここが1秒ですので大体真ん中ぐらいですね。はいちょっとぐらいバラつきを持たした方がおもしろくなるので今回目分量でやってみましょう。ではこの約 0.5 秒付近ですね。この部分でこのカラーオーバーレイの部分これをダブルクリックして設定を開けます。 そしたらこの色の設定ですね。この縦のスライダーを動かすとこのように色を変えることができるのでじゃあ今度ですね明るい水色にしてみましょう。これでOKしますそしたら今度は1秒目に移動してはいまた同じように今度は黄色にしてみましょうね。はい色を変化させたところにキーフレームができてきます。はいこのような形で文字の色の変化を作っていきます。はいそうするとここですね再生してみるとはいキーフレームごとに設定した色に滑らかに変わっていくようなアニメーションができました。これですねもっと時間を詰めてやるとさらにこんな感じですね速い変換になります。はいこれが基本部分です。ではこれを踏まえた上でですがネオンサイン今のようにじわっと変わっていくようなパターンもありますがもっとですね一瞬で例えば赤から一瞬でこういった水色になり一瞬で黄色になりとそういったアニメーションの場合もありますね。はいではそういったものはどうやって作ればいいのか実はですねここまで一緒です。Photoshop のこのアニメーションでは何もしないと2つのキーフレームの間は滑らかに徐々に変化するように設定されます。はいこれですね突然一瞬で値が変わるようにするにはこのような操作を行います。 まずですねキーフレーム全部選びます。そして右クリックすると こんな形で「削除」や「コピー」なんかに加えてはい一番下ですね。「リニア補間法」と「停止補間法」という選択肢があります。今チェックの付いてる「リニア補間法」というのがこの徐々に変わっていく動作ですね。じゃあこれを「停止補間法」に変えてみるとはいキーフレームが四角になりましたね。こうなっていると キーフレームを通過するたびに一瞬で色が変わるようになります。はいこんな感じでですね、これでまた右クリックして「リニア補間法」に変えるとこうした滑らかな変化になります。簡単に切り替えるだけでアニメーションのパターンですね。2つ選ぶことができます。この補間法の切り替えは他のアニメーションにおいても使うことができます。はいこの文字の色がですね派手に変わっていくやつですね、結構目立たせたいときなんかによく使える手法ですのでぜひともこの方法ですね、補間法と合わせて覚えておいてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。