Photoshopをビデオ編集に活用!

実例:アニメーションするグラフ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプを元素材として、それぞれの項目がアニメーションする棒グラフの動画を作成する例を解説します。
講師:
05:25

字幕

このレッスンではアニメーションして伸びていく棒グラフを作ってみましょう。はいそれではですね今このレッスンの素材ですが横に数字が書いてあって下にですね、直線が引いてあります。はいここからですね棒グラフが伸びていくアニメーションを作ってみましょう。ではですね素材となるものですが今回は「シェイプ」を使いましょう。はい「シェイプ」これですね、「形状ツール」を選んで「シェイプ」にした状態でまず1個目ですね適当に適当な幅の四角を描きます。色を分かりやすく赤かなんかにしときましょう。はいそしたらこれですね、この下のラインに合うように配置してあげます。はいではですね今回は合計で3つのバーを作りたいので、これを複製します。右クリックして「レイヤーを複製」とはい同じものができるのでShift キーを押しながらドラッグするとこのように横に持ってこれますね。ではもう1回「レイヤーを複製」した上でShift キーを押しながら横に持ってきてはい これで3つのバーができました。ではこれらをですね均等な割合で並べたいので「移動ツール」を持ってる状態ではい Mac の方は CommandWindows の方は Control キーを押しながら各レイヤーをクリックして全部選んだら これですね、「水平方向中央を分布」とこれをクリックするとはい均等な割合に揃えます。 はしそしたらですねこの状態で「ビデオタイムラインを作成」します。そうすると3つのレイヤーのタイムラインができますがこのままだと「変形」の項目がないのでグラフが伸ばせないですね。はいなのでそれぞれ3つのレイヤーをバラバラのスマートオブジェクトに変換します。ではレイヤー右クリックして「スマートオブジェクトに変換」それを3つのレイヤーに対して行います。はい これができたら ではですね、この最終的なグラフの長さを作りましょう。では Controlもしくは Command + T を押すとはい選ばれてるレイヤーが自由変形になるのでこの状態で最終的な長さですね。それに持っていきます。はい次のレイヤーも最終的な長さですねこれに持っていきます。はい3つとも同じように揃えます。はいもしですねこの数字にある程度正確に合わせたいときにはこのルーラーですね。Mac の方は Command キーWindows の方は Control キーを押しながら R を押すたびにこのルーラーがですね、出たり引っ込んだりしますのでルーラー出している状態でこっからドラッグしてくるとこのように基準となるグリッドを引くことができます。 これでですね大体の数字と合わせてあげてください。はいではこれで最終形ができたのでそれぞれのタイムラインですね。これを開けてやります。では今回は4秒目でアニメーションのゴールとしたいのではい4秒に移動した上でそれぞれの「変形」にキーフレームをオンにします。はいそしたらですね今度は1秒目アニメーションのスタートに移動してはいでまた Contorl もしくはCommand キー +T を押して「自由変形」にします。そしたら今度はですねドラッグしていってはいこのバーがですね、最も小さくなるところまで持ってきます。次のレイヤーも同じようにこのように揃うところまで持ってきます。3つとも小さいところまで持ってきます。はいこのようにしてあげるとはいこのようにですねアニメーションしてグラフが伸びていくとこういったアニメーションを作ることができます。こういったグラフですね動画の中に差し込むときには単純に1枚の完成形のグラフが静止画としてあるよりもこのようにアニメーションしてると大変見応えがありますね。例えば Premiere Pro なんかで作ると割とこういった細かいアニメーション難しいですがそれがAfter Effects 何かを使うと今度は手間がかかってしまう。 Photoshop に慣れている人はこんな感じで Photoshop の機能+αで簡単に作ることができます。この手法ですねPhotoshop でちょっとグラフを作った応用で簡単にできるのでぜひとも試してみてください。

Photoshopをビデオ編集に活用!

Photoshopといえば写真やイラストなど静止画のためのソフトというのが一般的な認識ですが、実は動画編集にも大きく役立てることができます。このコースではPhotoshopを使った動画編集や効率的なテロップ作成、Photoshop内でのアニメーションの作り方や動画にフィルターをかける方法、Photoshopからの動画の書き出し方などを学ぶことができます。

2時間49分 (32 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年12月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。