WordPressプラグインでソーシャルメディアボタンを実装する

「WP Social Bookmarking Light」でのシェアボタンの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
WordPress管理画面から「WP Social Bookmarking Light」の設定を行って、実際にシェアボタンをWebサイト上に反映する方法について解説致します。
講師:
05:53

字幕

このレッスンでは WordPress の管理画面から WP Social Bookmarking Light の 設定を行って 実際にシェアボタンを ウェブサイト上に反映する方法について 解説いたします それでは画面の方を見ていきましょう 今 画面に表示されているのが WP Social Bookmarking Light の 設定画面となります そしてこの画面は WordPress の左メニューの中の 設定の中にある この WP Social Bookmarking Light これをクリックする事で 表示させることが可能になっています それではまず こちらのボタンを設定する前に ウェブサイトの方を確認しておきましょう はい こちらがウェブサイトとなっています 今 現状は WP Social Bookmarking Light を使って ソーシャルメディアボタンの 表示を行っていないため このように 何も表示されていない状態と なっていますね 今回はこちらの投稿に対して そのプラグインで ボタンを追加していきたいと思います それでは 管理画面に戻ります はい WordPress の管理画面に戻ってきました それでは この WP Social Bookmarking Light の 設定画面で こちらのタブが 一般設定になっていることを確認して こちらの設定内容を 確認していきたいと思います まず こちらの「位置」ですが この「位置」ではこのように4つの選択肢から 選ぶ事ができるようになっています この記事は 投稿記事や固定ページに対して どの位置に ソーシャルメディアボタンを 表示するかを 指定することが できるようになっています Top は上 Bottom は下 Both はその両方 そして None が表示しないといった 意味になります 今回は Top にしておきましょう 続いてこちらの 個別記事のみという 設定項目ですが これはソーシャルメディアボタンを 個別記事のみに 表示するのか それとも 投稿の一覧画面でも表示するのか といった意味になります 選択肢が Yes か No かという事なので 今回は No にしておきます そして 次にこちらのページです これは固定ページに対して ソーシャルメディアボタンを 表示するかしないかといった意味になります こちらも Yes か No かというふうに 選べるようになっていますので 今回は Yes にしておきます そして 続いて こちらの サービス というところを見ていきます こちらのサービスでは実際にウェブサイト上に 表示するソーシャルメディアボタンを 選択することが 出来るようになっています 右側にあるのが 選択できるボタンの種類 そして左側にあるのが 実際にウェブサイト上に 表示するボタン となっています それではまず こちらの 左枠の中に登録されているボタンを 一度✖印押して 消していきます そして こちらの右側に入っているボタンから 表示させたいボタンを選んで そして ドラッグ&ドロップで こちらも左枠の中に入れていきます それではやってみましょう まずはこちらの hatena_button を入れます そして次に twitter をいれておきましょうか そして その次はというと facebook を入れておきましょう そして linkedin も入れて そして evernote そして line 最後に pocket も 入れておきましょう この状態でこちらの 変更を保存ボタンを押すことによって これまで設定してきた内容が反映されて ウェブサイト上に 実際にボタンが表示されてきます それでは 変更を保存をクリックします はい 保存が完了しました それではこの状態で一度 ウェブサイトの方を確認してみましょう はい ウェブサイトの方に移ってきました それでは こちらのブラウザの更新ボタンを クリックしてみましょう すると このように先ほど選択した ソーシャルメディアボタンが 表示されてきたのがわかかと思います このように表示されれば WP Social Bookmarking Light の設定は完了です それでは一度 管理画面の方に戻ってみましょう はい 管理画面の方に戻ってきました 先ほどは こちらの一般設定の ご説明をしましたが 他にもいろいろなボタンが あるのがわかりますね たとえばこちらの Styles というのは このようにソーシャルボタンに関する スタイルシートを 記述する事ができるようになっています そして この Styles のタブの 右からに並んでいる これらのタブ これらのタブは先ほどサービスで選択した SNS の種類によって こちらにこのように設定タブが並ぶ といった感じになります たとえば Twitter でしたら このような内容が Hatena でしたら このような内容が 表示されてきます それぞれのソーシャルメディアボタンに 関連した設定を それぞれのタブで行う事ができる といったかたちになっています 以降のレッスンでは 今回作成した ソーシャルメディアボタンの動作を 実際にブラウザ上から 確認していきたいと思います 以上でレッスンは終了です 今回は WordPress 管理画面から WP Social Bookmarking Light の設定を行って 実際にシェアボタンをウェブサイト上に 反映する方法について解説いたしました

WordPressプラグインでソーシャルメディアボタンを実装する

WordPressは世界中で人気の無料のブログソフト/CMSです。このコースではその機能を人気のプラグインであるJetpackとWP Social Bookmarking Light、それにAddThis Sharing Buttonsでさらに拡張し、サイト上に各種ソーシャルメディアの共有ボタンを設置する方法について解説します。

54分 (15 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
ウェブデザイン
CMS
価格: 1,990
発売日:2015年12月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。