NPM(Node Project Manager)を使ってみよう

package.jsonファイルを使ったパッケージの追加

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
package.jsonファイルを使ってパッケージのインストールについてご説明します。
講師:
04:58

字幕

このレッスンでは JSON ファイル package.json を使って npm でパッケージを インストールしてみます JSON ファイルはフォルダ myapp の中に設定してあります Dreamweaver で package.json を開きました ちょっとパネルが邪魔なので これは非表示にしておきます package.json で パッケージを管理するには 最低限2つの項目がいります 1つは name もう1つは version です name はアプリケーションの名前 そして version は 文字通りバージョンを3つの数字 ドット区切りで指定します この package.json を使って npm でパッケージの インストールをしてみましょう コマンドラインツールとして ターミナルを開きましたので npm で grunt-sass を インストールしてみたいと思います この場合には まずインストール先なんですけれども myapp というフォルダでしたね cd myapp ということで ディレクトリを変更します ディレクトリが変わりましたので インストールは npm install そして パッケージの名前 grunt-sass これでインストールはできるんですが package.json あそこにこの grunt-sass を インストールしましたよということを 書き加えたいと思います その場合にはオプションとして --save と入れます これでインストールをしてみましょう 少し時間がかかるかもしれません WARN(ワーニング) が 出てきますけれどもあくまで注意です package.json の中に 「description」 とか 「repository」とか 「README」「license」が 無いけどいいんですかということで これはエラーではありませんから 気にしなくても大丈夫です 必須項目2項目があれば インストールはできます プロンプトが出ましたので インストールは済んだようです では フォルダの中を確認してみましょう myapp の中に node_modules ができて grunt-sass が確かに できあがっています 今度は JSON ファイルの方も 確かめてみることにしましょう Dreamweaver に切り替えると 警告が出ています この JSON ファイルが 書き換えられましたということですね npm--save のオプションで この JSON ファイルの 書き換えが行われました ここは「はい」にしておきます そうすると新たに項目が付け加わりました dependencies このパッケージに 依存していますよ ということで grunt-sass が 入ったということが分かります バージョンの前に ^ が付いているんですが この ^ が付いた場合には最新のものをと ただしメジャーバージョンは1で もし 1.1.0 と書いてありますけれども 1.2 とか 1.3 があれば それを使ってくださいという意味になります また myapp のフォルダに戻りました せっかくインストールしたんですけれども この node_modules 削除してしまいましょう 無くなりました そしてターミナルに戻ります ちょっと画面がうるさくなったので きれいにしましょう clear ということで 画面がきれいになります ではここで npm install とだけ書いて enter キーを押します 先ほどと同じ警告が出ますね あとクルクルと左の方で何か回っていて インストールをしているらしいです 先ほどと同じ画面が出てくるはずですので それが出てくれば インストール完了ということになります プロンプトが出ましたね ではまた myapp のフォルダを 開けてみましょう node_modules が また作られています そして中を見ると grunt-sass が入っています これは package.json の 指定に従って npm がもう一度 再構築してくれたんですね このレッスンではパッケージを管理する package.json を使った npm のインストールについて ご説明しました package.json が作ってあって そして npm でインストールするときに --save というオプションを付けると そのインストールしたものが package.json に 加わるということです 一旦加えてしまえばその後は npm install だけで JSON ファイルの指定に従って パッケージを再構築してくれると そういうご説明でした

NPM(Node Project Manager)を使ってみよう

NPMはNode Project Managerの略称で、Node.jsに含まれています。Nodeで作られたパッケージを管理するためのツールです。このコースではNode.jsのインストールからNodeのパッケージの追加や削除、設定ファイルのつくり方までを実際にコマンドを入力しながら説明します。NPMを使ってNodeの豊富なパッケージをぜひ活用しましょう!

39分 (7 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年01月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。