NPM(Node Project Manager)を使ってみよう

package.jsonの定義とインストールの操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
package.jsonを使って、インストールするパッケージやバージョンを操作します。
講師:
07:07

字幕

このレッスンでは package.json の中身を操作して インストールされるパッケージや そのバージョンを管理してみたいと思います 今 package.json を Dreamweaver で開いています この JSON ファイルに従った インストールが既に済んでいて underscore という モジュールが入っています そしてバージョンは 1.8.3 頭に ^ が付いていると 1.ペケというバージョンの 最新版を入れなさいと いうことになっています フォルダ myapp の中の node_modules 見ると underscore が 入っています そしてその JavaScript ファイル 見てみると確かに 1.8.3 というふうになっています では package.json の中の underscore に記載されている ^ を取ってしまいます そうすると 1.8.3 限定になります さらにもっと古いバージョン 1.5.2 としてみましょう そしてこのファイルを保存します コマンドラインツールに切り替えたら まずディレクトリは cd myapp に変えます そして JSON ファイルどおりの インストールをしてくださいということなんで npm install と これだけで OK ですね こうすると package.json に 従ったインストールが再び構築されます myapp の中の node_modules は underscore で変わる単位ですが underscore.js の JavaScript ファイルを見てみると バージョンが 1.5.2 に変わっています また1つ新しいコマンドをご紹介しましょう 一旦 clear しまして そして npm outdated です そうすると underscore について 現在インストールされているのは 1.5.2 だと なぜかというと package.json で 1.5.2 を入れろと言われたから でも最新版は 1.8.3 だよ というふうになっています じゃあ JSON ファイルの方を また書き換えてみましょう JSON ファイルの dependencies ですね ここを元に戻します 取り消していけますでしょうかね もう2回ぐらい ^ も付きました 改めて保存しましょう ターミナルを clear しまして そしてまた別のコマンドです npm update enter です そうすると underscore@1.8.3 が 入りましたというふうに表示されました myapp の node_modules の underscore JavaScript ファイルを見てみると ちゃんと 1.8.3 に戻っています せっかく入れた underscore ですけれども それを除きましょう 除くときは uninstall ですね npm uninstall そして underscore です unbuilt ということで 削除されました 代わりといっては何ですが grunt-sass を入れましょう npm install そしてインストールしたことを package.json の方にも 書き込みます --save ですね そして grunt-sass ちょっと時間がかかるかもしれませんが この警告は無視しても結構です オプションが JSON ファイルにないけど いいの ということですので よければいいよ ということで 放っておいてください プロンプトが出たらインストールは 終わったということになります 終わったようですね ではインストール 実際 myapp の中が どうなったか確認しましょう myapp の中の node_modules には grunt-sass が増えて underscore がなくなりました Dreamweaver に切り替えると JSON ファイルが 書き換えられたということで 警告が出てますので「はい」とクリックします そうするとこちらの JSON ファイルの方は underscore が残っています そして --save を加えましたので grunt-sass の情報も dependencies に含まれています コマンドラインツール ターミナルの画面は 一旦きれいにしましょう clear と そして npm install です 何もつけませんので JSON ファイルの 指定通りにインストールが行われます すぐに終わってしまいましたね そして underscore を また入れましたということになっています 確認してみましょう フォルダ myapp で node_modules を見ると grunt-sass に加えて underscore が入っています この JSON ファイルの dependencies の中に underscore が 含まれていたからです 今度は package.json の dependencies の grunt-sass を消してしまいます underscore だけになりました この状態で保存をしましょう ターミナルに戻って 一旦画面は clear しましょう そしてまた新しいコマンドです npm prune そして実行します unbuild grunt-sass これは grunt-sass が アンインストールされたということになります myapp のフォルダの中の node_modules を見てみると grunt-sass が消えてますね そして underscore だけに なっています prune というのは JSON ファイルの指定に従って パッケージの中身を整理しなさいと いうそういうコマンドです このレッスンでは install コマンドと それから package.json を 相互に使って パッケージの中身をどのように管理するか インストールするモジュール それか そのバージョンの 管理の仕方についてご説明をしました

NPM(Node Project Manager)を使ってみよう

NPMはNode Project Managerの略称で、Node.jsに含まれています。Nodeで作られたパッケージを管理するためのツールです。このコースではNode.jsのインストールからNodeのパッケージの追加や削除、設定ファイルのつくり方までを実際にコマンドを入力しながら説明します。NPMを使ってNodeの豊富なパッケージをぜひ活用しましょう!

39分 (7 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年01月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。