Photoshopのショートカットと便利機能

Phtoshopで軽快に操作する設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Phtoshopでの作業をスムーズに行うためには、インストールしたままの状態ではなく、環境設定でパフォーマンスの「チューニング」をしておきましょう。
講師:
05:46

字幕

このレッスンでは Photoshop での作業をスムーズに行う為の設定のポイントについて解説をします。Photoshop で効率よく操作する為にはインストールしたままの状態ではなく、ちょっと環境設定を変えて「チューニング」をした方がより軽快に作業が出来る様になります。Photoshop を起動させた後マックでは Command+K キーをWindows では Ctrl+K キーを押すとPhotoshop の環境設定ダイアログが表示されます。この環境設定ダイアログで左側に並んでいるパフォーマンスを選択します。ここではメモリやグラフィックプロセッサーキャッシュなどの設定が可能です。メモリの使用状況は Photoshop にどれだけのメモリを割り当てるかというものでパソコンに搭載しているメモリの量に依存します。極端な場合、使用しているパソコンがPhotoshop 専用パソコンであるればPhotoshop と同時に稼動させるバックグラウンドのアプリケーションも少なく出来ますので、Photoshop で使用するメモリの量を大きくしても問題ありません。但しいくら Photoshop 専用にしているパソコンとはいえOS 自体を稼動させる分のメモリなどは必要ですからメモリの全部を Photoshop に割り当てることは避けた方がいいでしょう。 勿論、使用しているパソコンがPhotoshop 専用でなければPhotoshop と同時に動かす可能性のあるアプリケーションとのバランスを考慮する必要があります。いずれにしろPhotoshop を使う頻度が高い同時に扱うアプリケーションが少ないのであればPhotoshop に割り当てるメモリの量を増やした方が作業を軽快にすることが可能です。最近のデジタルカメラでは3千万の素を超えるものもあり、画像のファイルサイズも肥大化の一等を辿っていますからPhotoshop で扱うメモリの量が多いことに越したことはありません。場合によってはパソコンに搭載するメモリの量を 16GB32 GB などに増やしてPhotoshop で扱うメモリの量を増やすことも見当しましょう。次にグラフィックプロセッサーの設定ですが、グラフィックプロセッサーはPhotoshop の機能が有効になったり演算処理を CPU とは別に行えることから作業効率が非常に上がる機能です。最近のパソコンでは CPU にもグラフィックプロセッサー機能が内蔵されていますので基本的にはチェックが入った状態だと思います。ただ自作のパソコンなどではグラフィックカードのドライバがうまく適応されていなかったりまたノートパソコンなどでは省電力機能の適応でPhotoshop ではグラフィックプロセッサーを用いない設定になっていたりすることもあります。 今使っているパソコンにグラフィックプロセッサーの機能が搭載されているのにチェックが入っていない場合はドライバの更新や省電力設定などを確認してみるといいでしょう。キャッシュは Photoshop で扱う画像により設定を変えます。デジカメで撮影した画像の編集作業などレイヤー数が少なくファイルサイズ大きな賀状を扱う場合は「大きくて平坦」を選択して「キャッシュレベル」と「キャッシュタイルサイズ」を上げます。逆にレイヤー数が多くファイルサイズが小さい画像を扱う場合は「小さくて複雑」を選択して「キャッシュレベル」と「キャッシュタイルサイズ」を下げます。どちらも程々使用するという場合であればバランスの取れている初期設定のままで構いません。「ヒストリー数」はヒストリーパネルに表示するヒストリーの数を決めます。ヒストリーの数を大きくすると大きくした分だけ作業を遡ってやり直す可能となりますがPhotoshop で使用するメモリの量が増えてしまいます。余り増やし過ぎますと Photoshop の操作に影響を及ぼす、又、操作が重くなる可能性がありますので場合によってはヒストリー数を減らしてもいいでしょう。この様に自分の使用する環境に合わせてPhotoshop の設定を変えることでPhotoshop が軽快に動作する様になります。 特に作業内容は決まっている場合などは初期設定から変えた方がいいでしょう。以上 Photoshop での作業をスムーズに行う為のパフォーマンス設定についての解説でした。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。