Photoshopのショートカットと便利機能

境界をぼかすキー操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
効率よく写真にぼかしの入った枠を作りましょう。選択範囲を作成した際のオプション「境界をぼかす」のショートカットキーを使うのがポイントです。
講師:
04:19

字幕

このレッスンでは写真にぼかしの入った枠を作る際の境界をぼかすの効率の良いショートカットキー操作について解説をします。選択範囲の境界をぼかす機能は画像のイメージをぼかした状態から浮かび上がらせたり出来るなどポップやチラシ、カードなどで画像を使う際に対応される機能です。ここではこの写真の周りにぼかしの入った白い枠を作り、写真画像を強調します。まず白い枠を作る為のレイヤーを作成します。マックではで Shift+Option++Command+N キーをWindows では Shift+Alt++Ctrl+N キーを押します。「レイヤー1」が追加されました。次にこのレイヤーを白く塗りつぶします。Shift+F5 キーを押して「塗りつぶし」ダイアログを開き「内容」で「ホワイト」を選びます。OK をクリックします。いったん全体が白く塗りつぶされます。次に浮かしたい境界を作成する為に選択範囲を作成します。M キーを押して長方形選択ツールを選びます。画像をドラッグして選択範囲を作成した後でShift+F6 キーを押して「境界をぼかす」ダイアログを呼び出します。ここで「ぼかしの半径」を入力しますがこの数値を大きくするとぼかされる範囲が大きくなり、また選択範囲のエッジが丸くなります。 ここでは半径を10ピクセルに設定をしてOK をクリックします。見た目には僅かに境界のエッジが丸くなっているのが分かりますが実際にどのように境界がぼけているのかをDel キーを押して選択範囲の色を削除して確認します。エッジのぼかしが足りないのでいったん元の状態に戻します。マックは Option+Command++Z キーを二回押してWindows では Alt+Ctrl キーを押しながら Z キーを二回押して選択範囲を作成した状態に戻します。もう一度 Shift+F6 キーを押して「境界をぼかす」ダイアログで「ぼかしの半径」を今度は30に設定して確定を押してDel キーを押します。いい感じで境界線がぼけている枠が出来ました。最後にマックでは Command+D キーをWindows では Ctrl+D キーを押して選択範囲を解除します。以上写真にぼかしの入った枠を効率よく作る為の境界をぼかすキー操作について解説をしました。境界をぼかす機能は以外と利用することが多いのでShift+F6 ショートカットキーで呼び出しましょう。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。