Photoshopのショートカットと便利機能

一時的にツールを切り替える便利な方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopのツールをショートカットキーを使って一時的に切り替える方法を解説します。複数のツールを次々に切り替えて、スムーズに作業を進めることができます。
講師:
03:45

字幕

このレッスンでは Photoshop のツールを一時的に切り替えて複数のツールで次々に効率よく操作を熟す為の方法を解説します。Photoshop で作業をしている時にブラシツールを使っているけれどもスポイトツールで描画色を変えて又そのままブラシを使えたいなどちょっとだけ他のツールを使いたいという場合もあると思います。この様な時に勿論ツールをクリックして変更して又元のツールに戻すという方法もありますが、作業に集中している時などは他のツールへの変更作業自体が集中力が途切れる原因となり効率の良い作業だとは言えません。その様な時に積極的に活用したいのはショートカットキーです。例えばパンを拡大表示させてB キーを押してブラシツールに切り替えます。ブラシのモードを「焼き込みカラー」に設定して左右のカギかっこキーでブラシのサイズを調整します。また、数字の5キーを押してブラシの不透明度を 50 %に変更します。ブラシツールの使用時に描画色を変えたい時はI キーを押しながら抽出したい色の仮象をドラッグやクリックして描画色にピックアップ変更することが出来ます。I キーを離せば又ブラシツールに戻りますので、し続き作業が出来ます。 Z キーを押し続ければその間のみズームツールに切り替わりますし、更にマックでは Option キーWindows では Alt キーも加えるとズームアウト出来ます。拡大表示をしてブラシツールでパンをドラッグしてパンに購買しそうな効果を加えている最中に作業領域をちょっと移動したい時などは手の平ツールに一々変えるのではなくキーボードの Space bar を押したままにすることで一時的に手の平ツールに変えることが出来ます。作業領域の移動を終えたら Space bar を離すと元のブラシツールに戻れます。又 H キーを押しながらこの様に表示領域を移動したり、L キーを押し続けて投げ縄ツールでドラッグして、選択をして、V キーを押し続けて移動ツールで選択範囲を切り取って移動させるということも可能です。勿論押し続けていたキーを離すと元のブラシツールに戻ります。作業を集中して行いたい時など他のツールに一々切り替えることなくこの様にツールのショートカットキーを押し続けて一時的にツールを変更して活用しましょう。以上 Photoshop のツールを一時的に切り替えて複数のツールを使った操作を効率よく連続して熟す為の方法でした。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。