Photoshopのショートカットと便利機能

キー操作によるレイヤーの不透明度の変更

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーの不透明度をショートカットキーで手軽に変更する方法について解説をします。ブラシツールなどのペイント系以外のツール使用時に有効です。
講師:
02:54

字幕

このレッスンではショートカットキーによるレイヤーの不透明度の調整方法について解説をします。ブラシツールなどのペイント系のツール以外を使用している場合に、例えば移動ツールなどで操作をしている最中であればキーボードの数字のキーは基本的にレイヤーの不透明度のパーセントを調節します。例えばここでは皿の上にパンケーキが乗っていますがこのパンケーキの不透明度を調整したいので「パンケーキ」というレイヤーグループを選択します。通常はレイヤーやグループの不透明度はレイヤーパネルで不透明度のスライダーをプルダウンしてドラッグして調節したり、スクラブと呼ばれるカーソル、つまり不透明度とかかれた部分にマウスを重ねると矢印の付いた指の形のカーソルが表示されますのでこれで左右にドラッグして調節をしたり、また直接数字を入力して調節をしたりします。でも折角ですから画像から態々マウスを移動させてレイヤーパネルで操作することなくキーを押すだけで入力した方が効率的です。例えばテンキーで数字の1を押すとレイヤーまたはレイヤーグループの不透明度が 10 %となり、2では 20 %3では 30 %というふうになり10 %単位で設定が出来ます。 不透明度を 100 %にしたい時は0を押します。また0%にしたい場合は00と続けて押します。38 %など1%単位で不透明度を設定したい場合は数字を素早く 38 というように入力します。またブラシツールなどのペイント系のツールを使用している時には数字のキーはブラシの不透明度に切り替わってしまうので注意しましょう。この様にレイヤーパネルでの操作をすることなくレイヤーの不透明度をキーボードからそのまま設定出来て便利になりますから覚えておきましょう。以上キーボードによるレイヤーの不透明度の調整方法についての解説でした。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。