Photoshopのショートカットと便利機能

利用頻度の高いフィルターのショートカット

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の見た目をがらりと変えることができる利用頻度の高いフィルターのショートカットを紹介をします。なお、フィルターを複数使用する見込みのあるレイヤーは、スマートオブジェクトに変換しておきましょう。
講師:
07:11

字幕

このレッスンでは利用頻度の高いフィルターを利用する際のショートカットキーを紹介します。Photoshop はフィルターがとても充実していますが、中でも主に写真の編集に多く利用される「広角補正」や「 Camera Raw フィルター」「レンズ補正」や加工を行う為の「ゆがみ」や「 VanishingPoint 」のフィルターはショートカットキーからダイアログを呼び出すことが出来ます。例えば「広角補正」はマックではOption+Shift+Command+AWindows では Alt+Shift++Ctrl+A を押して呼び出します。「 A 」は「アングル」の「ア」と覚えておくと良いかも知れません。広角補正は基本的に広角レンズをつけたデジタルカメラで撮影した写真に起こりうる独特のゆがみを補正するものです。Camera Raw フィルターはマックではShift+Command+A キーWindows では Shift++Ctrl+A キーで呼び出します。Camera Raw は Raw 画像の現像同様の効果を与えます。「レンズ補正」はマックではShift+Command+RWindows では Shift++Ctrl+R キーで呼び出します。 レンズ補正はカメラやレンズの製品に合わせたプロファールと共にゆがみや収差、また周辺光量なども調整します。ゆがみはマックではShift+Command+XWindows では Shift++Ctrl+X キーで呼び出します。ゆがみはデジタルカメラやレンズには関係なく画像の歪みを補正したり、逆に強調したりします。ここで様々なフィルターをかける前にこの画像をいつでも元の状態に戻せる様にスマートオブジェクトに変換しておくことをお勧めします。スマートオブジェクトはベクトルで構成されてる為画像を極端に変形をしたり、なんども繰り返したとしても画像の情報を失うことなく柔軟に編集が出来るという特徴があります。スマートオブジェクトにするにはレイヤーを右クリックで「スマートオブジェクトに変換」を選びます。または「フィルター」メニューから「スマートフィルター用に変換」を選んでも同じ様にスマートオブジェクト化されます。ここではまず。マックではShift+Command+AWindows では Shift+Ctrl+A キーを押して Camera Raw を呼び出します。ここで露光量やコントラストを少し高めて更に明瞭度も高めて明るくはっきりと見せてOK をクリックします。 スマートフィルターに Camera Rawフィルターが追加されました。続けてゆがみフィルターでオブジェの顔をデフォルメしてみましょう。マックではShift+Command+X キーWindows では Shift+Ctrl++X キーを押します。ここで「詳細モード」にチェックを入れておきます。「膨張ツール」を選び、ブラシのサイズを目よりも少し大きめのサイズに設定をします。通常のブラシツールの様に左角かっこキーでサイズが縮小し、右角かっこキーでサイズが大きくなります。ここでは 500 に設定しています。「密度」は 50「割合」は 80 に設定しています。この設定で目の部分にブラシを重ねてクリックをして押し続けるとこの様に目が大きくなります。反対の目も同じ様に長押しをして膨張させました。今度は「前方ワープツール」に切り替えて頬の部分を外側に広げて強調します。更に「再構築ツール」に切り替えて変形しすぎた部分をドラッグして元の状態に近づけておきます。今度は「縮小ツール」に切り替えて鼻の穴を小さく窄ませます。「追加レイヤーのプレビュー表示」にチェックを入れて「不透明度」を 100 %にしておくとチェックをオン・オフすることでレタッチ前・レタッチ後を比較してみることが出来ます。 チェックを外した状態でOK をクリックします。ゆがみを確定しました。これらの項目をダブルクリックすると再編集が出来ますし、右側のボタンをダブルクリックすると開く画面で不透明度を下げることで効果を弱めたり、強めたりすることが出来ます。以上利用頻度の高いフィルターを利用する際のポイントでした。これらのフィルターの作業はぼっとしてしまう作業でもありますのでショートカットキーを活用して効率よく呼び出して作業を迅速に進めましょう。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。