Photoshopのショートカットと便利機能

ダイアログボックスで素早く初期化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
補正や編集を行っている最中に元の設定値に手軽にリセットする便利な方法です。Photoshopのいろいろな設定ダアログボックスで利用できます。
講師:
03:42

字幕

このレッスンでは補正や編集を行っている際に設定値を初期化する便利な方法について解説をします。Photoshop の機能の多くはダイアログボックスで設定量を調整します。トーンカーブによる光量の変更もそうですしフィルターの効果もダイアログで設定します。例えば「イメージ」メニューの「色調補正」から「トーンカーブ」を選びます。このツールは自由に曲線の形を変えることで明るさや色を自在に調整することが出来るのは特徴です。高度なツールでもある為いろいろと調整を加えている内にとんでもない見た目になってしまうということもありえます。この様に手に負えなくなってしまった場合ポイントを削除したり、思わず「キャンセル」をクリックしたくなるところですが、ここで便利なショートカットキーを押します。マックでは Option キーをWindows では Alt キーを押すと「キャンセル」が「初期化」に変わります。このタイミングでクリックをするとトーンカーブのダイアログボックスを閉じることなく調整前の状態にリセットすることが出来ます。これは各種フィルターの画面でも同じです。例えば「フィルター」メニューから「シャープ」の「アンシャープマスク」を選んでここで輪郭をくっきりとさせる調整をしていたつもりが、強調しすぎてしまったという場合にマックでは Option キーをWindows では Alt キーを押し続けると「キャンセル」ボタンが「初期化」になるのでクリックします。 ここまでは直接画像に調整を加える機能のリセットでしたが調整レイヤーにも独自の設定のリセット方法があります。「色調補正」パネルから「トーンカーブ」を選んでみます。先程「イメージ」メニューから開いたトーンカーブと同じ様に曲線を自由に調整することが出来ますが、こちらの調整レイヤーは非破壊編集が出来るのは特徴でここでも自由に調整をした後で元に戻したいという時に先程と同じ様にマックでは Option キーをWindows では Alt キーを押してみても初期化ボタンは現れません。その代わりにパネルの下の方に「初期設定の色調補正に戻す」ボタンが用意されています。ここをクリックをすると調整前の状態にリセットされます。これは彼の調整レイヤーでも共通しています。以上補正や編集を行っている際に設定値を初期化する便利な方法でした。設定をキャンセルしたり、再度調整画面を開く手間を省く為にも初期化のショートカットキーや初期化のボタンを活用しましょう。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。