Photoshopのショートカットと便利機能

スクラブスライダーによる直感的な調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「スクラブスライダー」を使った直感的な微調整を行う方法について解説をします。Photoshopにおける「スクラブ」とは、「左右にこするようにドラッグする」という動作を指しています。
講師:
03:48

字幕

このレッスンではスクラブスライダーによる直感的な微調整を行う方法について解説をします。ショートカットキーとは異なりますが、Photoshop にはスクラブスライダーという便利な機能が搭載されています。Photoshop におけるスクラブとは左右に擦る様にドラッグするという動作を表しています。例えば不透明度などの数値の変更をマウスのポインターの左右の移動で行うというものです。ここではこの画像をモノクロ化してスクラブスライダーによるレイヤーの不透明度の微調整を行ってみたいと思います。まずマックでは Command+J キーをWindows では Ctrl+J キーでレイヤーを複製します。この複製したレイヤーの彩度を下げてモノクロ化します。マックでは Shift+Command++U キーでWindows では Shift+Ctrl++U キーを押します。この状態では「レイヤー1」の不透明度は100 %ですから彩度がなくなったこのモノクローム画像が全面に見えています。ここでスクラブスライダー機能を使います。レイヤーパネルの「不透明度」の文字の上に移動するとポインターの形が人差し指の左右に矢印がついた形になります。 このタイミングでクリックした状態でポインターを左に移動させると値が小さくなり、不透明度が下がります。右に移動させると値が大きくなり、元のモノクロ画像になります。変更値はそのまま画像に表示されますので目的の数値でマウスボタンを離して設定数値を決めます。「塗り」の調整も同様に行います。この様なスクラブスライダーによる調整はPhotoshop の至るところにあります。例えばマックでは Command+T キーをWindows では Ctrl+T キーで自由変形モードに切り替えます。オプションバーの「縦横比」のリンクを有効にして「垂直比率を設定 」のスクラブスライダーを右にドラッグするとレイヤー位置の縦横比を保ちながら拡大することが出来ます。Esc キーで元に戻します。この様に態々数値を入力して確かめなくてもスクラブスライダー機能を使えばより直感的に柔軟な数値の変更が可能です。数値の入力ボックスを見つけたらその左側にマウスのポインターを重ねてみて指の形に左右の矢印のついたポインターに変わったら左右にドラッグして活用しましょう。以上スクラブスライダーによる直感的な微調整を行う方法についての解説でした。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。