Photoshopのショートカットと便利機能

画像を直接ドラッグして明暗を調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopにはスクラブスライダーのように、画像を直接左右にドラッグして、直感的に色や明るさを調整する機能が備わっています。特定の色、特定の明るさの領域を段階的に調整したいときに便利です。
講師:
03:38

字幕

このレッスンではスクラブスライダーの様に画像を直接ドラッグして直感的に明暗を調整する方法を解説します。Photoshop ではマウスポインターの左右の移動で設定値を調整出来る機能があります。ここでこの写真をモノクロームにして画像を擦る様にドラッグすることで明るさやコントラストを調整してみましょう。まずは「色調補正」パネルから白黒を選びます。モノクローム写真は明るい・暗いという白と黒の情報だけで構成されています。モノクロームにする前の写真の世界がどの様な色であっても構成は白と黒の明暗だけです。モノクローム写真を編集する際元のフルカラーの写真の色別に黒したい明るくしたいと思うことが多々あります。元の青い空をモノクローム写真でもっと黒したい元の赤い壁の部分をもっと明るくしたいなどモノクローム写真というども元の色に対応した明暗にこだわりたくなるものです。Photoshop の白黒では元の画像が構成していた色の部分を黒したり明るくしたりする機能があります。通常はカラースライダーの移動や数値の入力によって明暗値を設定しますが、ここで指差した手の形のボタンをクリックするとスクラブスライダーと同じ様にポインターを右に移動させて明るく左に移動させて暗くするということが出来ます。 白黒の調整レイヤーでのこの機能は画像上でスポイトツールで元の画像の色情報を抽出してその抽出した元の色と同じ色の領域の明暗をドラッグで調整するというものです。人物写真では手の部分を抽出すれば顔や足など肌の部分の明暗を纏めて調整出来ますし、風景写真での後背に渡る木々の明暗調整も纏めてポインターの左右移動で行います。何よりもありがたいのは画面上で直接そのまま操作出来ますので元の色を覚えていなくてもレイヤーの表示・非表示で元の色を確認出来ますし、同じ系統の色を持つところの全ての領域が調整出来るという点です。以上画像を直接ドラッグして直感的に明暗を調整する機能についての解説でした。ショートカットキーではありませんが、知っておくと便利に使える機能ですから是非活用してみて下さい。

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。