Photoshopのショートカットと便利機能

アクションの基本的な利用法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クリック一つで複雑な工程をこなすことができる便利な「アクション」の概要と、既存のアクションの基本的な使い方を覚えましょう。
講師:
05:19

字幕

このレッスンではアクションの概要と初期設定のアクションを使ってアクションの基本的な使い方を実践してみましょうPhotoshop におけるアクションとはPhotoshop での一連の操作を記録しておくものですコマンド つまり特定の機能をつかって行う操作を実行する為の命令を記録しますアクションパネルは「ウィンドウ」メニューから「アクション」を選びますアクションパネルのボタンは再生ボタンの形をしています複雑で手間のかかる操作もアクションを選んで再生ボタンをクリックするだけで何度も同じ手順 同じ方法を同じ調整量を適応して同じ結果が得られます勿論 他の画像にも適応出来ます選択 切り抜き 塗りつぶしペイント テキスト図形などのシェープ カラー パスチャンネル レイヤーなどあらゆるツールを使ったコマンドをアクションに記録することが出来ますコードで複雑な操作は勿論ですが頻繁に行う単純な操作こそアクションに向いています例えば同じ様に撮影した複数枚の写真に同じ明るさや色の補正を次々に行ったりウェブにアップする為の多くの写真全てに透かしを入れるといった繰り返しを行わなくてはいけない単純な仕事をアクションに置き換えることで日々の Photoshop での作業の効率が格段にアップしますこの様な便利なアクションの基本的な使い方をこの写真を使って試していきましょうアクションパネルにはアクションを包括するフォルダーの様な役割をするアクションセットがあるその中にここのアクションが含まれています既に初期設定のアクションセットが用意されていますがここに新しいアクションセットを追加することも出来ますアクションセットやここのアクションは左側の三角形のボタンをクリックして展開して内容を確認しますもう一度クリックすると折り畳まれますアクションパネルの下の方でコントロールをします左側からアクションを中止するボタン記録を開始するボタン再生をするボタン新規アクションセットを作成するボタン新規アクションを作成するボタンそして選択したアクションセットやアクションを削除するボタンですアクションパネルメニューでは―アクションを識別し易いボタンモードに切り替えたりアクションの一連の操作やアクションの読み込み 置き換え 保存やプリセットを一覧から選ぶことも出来ますでは初期設定のアクションの中から「セピアトーン(レイヤー)」をクリックして選択項目を 再生をクリックしてみましょう自動的にセピアに至るまでの工程が自動的に実行されましたレイヤーパネルを見るとモノクロ化されたレイヤーと色相・彩度の調整レイヤーが追加されていて調整が施されています「ファイル」メニューから「復帰」を選んで画像を開いた直後の状態にいったん戻します更に違うアクションを試してみましょう「木製( 50 pixel )」を選んで再生をクリックしますここでメッセージが表示されますのでアクションを中止する場合は「停止」をクリックしますがここでは先に進めるので「続行」をクリックします木製のフレームが追加されましたこの様に複数の工程をアクションでは一瞬で自動的に実行することが出来ます以上アクションの概要とアクションの基本的な使い方を学びました既存のアクションを開いてみて確認をしてオリジナルのアクションを作成する際に参考にしましょう

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。