Photoshopのショートカットと便利機能

オリジナルのアクションを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アクションの記録の開始から一連の操作を終えたところで停止ボタンをクリックするまでの、オリジナルのアクションを作成する方法と、アクションを実行するまでの工程を解説します。
講師:
04:54

字幕

このレッスンではオリジナルのアクションを作成して実行するまでの工程を解説しますここではこの写真を白黒化して写真の周りにケラレ風の効果を加えた古めかしい雰囲気の画像を作るアクションを作成します写真を開いてアクションパネルを開きますここに新しいアクションセットを作成します新規セットの作成をクリックして「セット名」に「白黒化」と入力してOK をクリックします更に新規アクションを作成をクリックして「アクション名」に「白黒コントラスト高」と入力しますこのアクションにショートカットのファンクションキーを割り当てることが出来ますがここでは「なし」を選んでおきますまた ラベルの色分けもカラーから選べますここでは「レッド」を選んでおきます「記録」をクリックします記録開始ボタンが赤く点灯します丸で禄が押しているかの様な気分になりますが時間の経過は記録されませんあくまでもこれから Photoshop 上で行う手順が記録されていくだけなので時間を気にせず落ち着いて操作を熟していきましょうまずは「背景」レイヤーを複製しますマックでは Command+J キーをWindows ではCtrl+J キーを押します複製したレイヤーの描画モードを変更しますここでは「オーバーレイ」を選びます色の明暗が強調されてコントラストが高まりますこのレイヤーを調整レイヤー白黒化します色調補正パネルから白黒をクリックします画像が白黒化しましたこの画像にフィルターをかける為に構成された状態を結合したレイヤーを追加しますマックでは Shift+Option++Command+ I キーをWindows では Shift+Alt+Ctrl+ I キーを押します結合部分をコピーしてペーストしたレイヤーが追加されましたこのレイヤーにフィルターをかけていきます「フィルター」メニューの「レンズ補正」を選んで「カスタム」を開きます「周辺光量補正」の「適用量」のスライダーを左にドラッグして写真の周りに黒い枠を付けますここでは -50 に設定をしてOK をクリックしますここでアクションパネルの記録を中止ボタンをクリックしますこれでアクションが一つ出来上がりましたこれだけの工程が記録されていますボタンモードに切り替えると追加したアクション名のラベルが指定したレッドで表示されているので識別し易くなっています元のモードに戻してこのアクションを他の画像にも適応してみましょう画像を開いて アクション名をクリックして選択をして再生をクリックするとこの様に実行されました以上オリジナルのアクションを作成して実行するまでの工程を解説しました新規アクションを作成して 記録を開始して一連の操作を終えたところで中止ボタンをクリックするだけで出来上がりますから普段よく使う手順をアクション化して活用しましょう

Photoshopのショートカットと便利機能

Photoshopのツールや機能の多くにはショートカットキーが割り当てられています。このコースではレイヤーの切り替えやカラーの変更など画像編集でよく使うものから、ショートカットキーがない機能への新たなキーの割り当てまでさまざまなショートカットを紹介します。このコースを見て、自身の作業効率を大幅にアップさせましょう!

2時間37分 (34 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年01月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。