Photoshop Camera Raw 入門コース

Raw画像の開き方

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Raw画像データを開き、ビューワーで見ていきましょう。
講師:
02:30

字幕

一眼レフなどのデジタルカメラではRAW 形式のファイルで撮影することができます。Photoshop ではCamera Raw というツールを使ってRAW形式で撮影された画像を開き現像することができます。それではその RAW 画像の開き方についてこれから見ていくことと致しましょう。まず、基本的な開き方です。「ファイル」>「開く...」を開けてもらいます。そうするとここではRAW 画像のデータの入ったフォルダが開かれました。すぐにフォルダが開かれない場合は入ってる先まで辿って行ってこの様に開いてください。そして、例えばここではこの写真を選択しそして、「開く」を押します。クリックするとこの様に、Camera Rawというアプリケーションが起動されRAW 画像がここで展開されました。ここでは一度消しておきます。更にもう一つの方法としてはWindows をお使いの方であればこの作業スペースこの部分にカーソルを置いてダブルクリックをすることで、自動的にアプリケーションフレームが開かれます。一度ダブルクリックしてみます。ダブルクリックするとこの様に先ほど RAW 画像のデータの入ったフォルダが開かれました。 同じ様に選択、「開くを」押せばCamera Raw が開かれます。ただ、Macintosh をお使いの方は「ウィンドウ」>「アプリケーションフレーム」を選択していただく必要があります。ただ、いまこちらで使っているこの機種はWindows ですのでここの中には、「アプリケーションフレーム」という文字はありません。Macintosh の方はその様な対応をしてください。更にもう一つの開き方があります。先ほどと同じ様に「ファイル」のとこから入ってもらい「ファイル」>「Bridgeで参照...」ここをクリックしてもらいます。そうるすと、Bridge と呼ばれるソフトウェアが起動されます。Bridge は、Photoshop での画像を見るビューアーとして使われる様な機能を持つソフトウェアです。ここからも、先ほどと同じ様にRAW 画像を選択しそしてここをクリックします。そうすると先ほどと同じ様にCamera Raw としてアプリケーションが開かれそしてRAW 画像が展開されます。一度ここでは閉じておきます。この様にいくつかある開き方から自分が使いやすい方法でRAW 画像を開いていってみて下さい。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。