Photoshop Camera Raw 入門コース

ズームと左右に動かす方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の拡大、左右への移動する方法について。
講師:
03:45

字幕

Camera Raw を使って現像する時に画像を拡大して、細部を確認する作業はこれからよく行います。画像を拡大する方法や左右に動かす方法をこれから見ていきたいと思います。なお、この画像の HarborReflections のデータはプロジェクトファイルの中に入っています。データを取り出してもらうと、同じ様に作業を試してもらうことができます。それでは、まず一つ目の拡大する方法です。画面の左下を見てください。ここの部分に「15.6%」とありますけどもここはズームレベルの選択になります。ここのところをクリックしてもらうとこの様にパーセンテージが出ます。このパーセンテージを選んで頂くことで簡単に拡大して頂くことができます。例えば「200%」、するとこの様な形で画像が拡大されます。更に、その横にある「-」と「+」のボタンこれを押すことでも画像がこの様に簡単に拡大/縮小することができます。更にはその上の部分この虫眼鏡のアイコンの部分これは「ズームツール」ここをクリックしてもらいます。クリックすることで「+」になりました。そのままクリックを続けるとこの様に画面がプラスになっていきます。この「ズームツール」を使って画像を縮小する時はWindows であれば AltMacintosh であればOption を押しながらクリックします。 この様に「-」に変わってそのままクリックを続ければ画像が今度は縮小していきます。また、「ズームツール」を選択した段階で例えば一部分この部分をクリックアンドドラッグさせるとこの様に場所を指定することができます。そのままドラッグを外すと指定したところがこの様に拡大して見ることができます。この様な一部分の拡大方法もあります。更に上の「ズームツール」のこの部分ここをダブルクリックしますと「100%」に変わります。下のところを見ていただくと「100%」になりました。上をダブルクリックするだけで「100%」になります。次に、左右に動かす方法を見ていきたいと思います。画像を少し戻しましてその上にある「ズームツール」の横にあるこの手の形「手のひらツール」こちらを選択し、クリックします。こちらを選択することで今度、クリックアンドドラッグで画像をこの様に好きな方向に上下左右、斜め好きな方向にこの様に持っていく事ができます。これで自分が見たい位置を好きなところに動かしてください。そしてこの「手のひらツール」この部分をダブルクリックすると元の全面の画像に戻ります。更に、キーボードキーを使った拡大/縮小の方法ではWindows であれば CtrlMacintosh であれば「+」を押すことでこの様に「+」の拡大のモードに変わります。 そのままクリックを続ければクリックできます。元の画像に戻したい時はWindows であればCtrl+0Macintosh であればCommand+0 を押してください。すると、この様に元の画像に戻ります。また、もう一つの「100%」の画像にする方法ですけどもWindowsはCtrl+Alt+0この三つを同時に押してください。Macintosh はCommand+Alt+0三つ同時に押します。すると、「100%」にこの様に変わります。いくつも拡大/縮小の方法そして、左右に動かす方法がありますけども使いやすい方法で画像を拡大しそして、動かして見るようにしてください。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。