Photoshop Camera Raw 入門コース

ヒストグラムとは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像の色情報をグラフ化したヒストグラムについて解説します。
講師:
02:10

字幕

ヒストグラムは色の情報をグラフで示したものです。デジタルカメラの液晶画面にも表示する事ができますので、見た事があるかもしれません。ここでは、Camera Raw でのヒストグラムの基本的な見方について説明していきます。なお、ここで表示してある画像のIceburg Closeup のデータはプロジェクトファイルの中に入っています。ファイルから取り出してもらうと同じように作業して頂くことができます。それでは、この右上の方にあるこのヒストグラムの表を見てください。ここでみると下の方に RGBレッド、グリーン、ブルーというものが示されています。これは色の三原色で、この三色でこの画像の情報を示しています。このグラフでいうと、左側が暗い色そして、右側が白色を示しています。暗い色から白い色への256 への階調に分けてそれぞれの階調のピクセルがどれだけあるかを示しているというグラフになります。この縦のグラフがピクセルの数になります。例えば今表示してあるこの画像でいうとこのグラフを見ると、暗い色のピクセル数の方が高いのが見てわかります。これは背景の部分この黒色の部分の方が半分以上占めていてそちらの方のピクセル数が高いというのはこれを見ることでわかります。 更に画面の中にこの様にカーソルを持っていくとこの RGB、ここの数値のとこですけどもここを見ていただくとカーソルで示した部分、このピンポイントの部分のRGB値がこの様に示されます。これで今ここの部分の明るさがどれぐらいのものであるのかこの情報量を数値化で見ることができます。ヒストグラムは、この様に色の情報をデータ化したものです。このグラフの分布を変えていく事により明るさや色合いをこれから変化することができる様になっていきます。Camera Raw ではこの後、ヒストグラムはよく使われる様になっていきます。ヒストグラムはこの様にデータ化されそして、色合いなどを変えていくものだと覚えておいてください。

Photoshop Camera Raw 入門コース

Rawファイルで撮影した画像を最大限に活用するには、可能な限りベストな方法でその画像を変換する必要があります。このコースでは変換された画像をできるだけ高品質なものにするために、Camera Rawに含まれるすべての利用可能なオプションとさまざまなテクニックを紹介します。

2時間03分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
カテゴリー
画像編集
画像編集
価格: 1,990
発売日:2014年03月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。