Premiere Pro CC 2015 基本講座

Premiere Proでプロジェクトを始めよう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Premiere Pro CC 2015でビデオ編集を開始する際のプロジェクトの設定方法について解説します。
講師:
05:23

字幕

ここでは Premiere Pro CC 2015 で ビデオ編集を開始する際の― プロジェクトの設定方法について 解説します Premiere Pro を起動すると 最初に このような― 「スタートアップスクリーン」 という画面が表示されます 初めて編集を開始する場合には 「新規」>「 作成」 ここにある― 「新規プロジェクト」 これを選択します まだ その下には 「Premiere Clip Project を変換」 ー という項目ありますけどもー これは iPhone 等 スマートフォン用のですね 「Premiere Clip」 という 編集プログラムがありますが― それで作成したプロジェクトを 編集する場合には こちらを選択します また その下にある 「学習」というこの項目ですが― ここでは Premiere Pro の 「チュートリアル」ですとか― 或いは新機能の解説 その他の トレンディング情報等がここから利用できます また 以前 Premiere Pro CC 2015 で― ビデオ編集を行っていた場合には― こちらの 「最近使用した プロジェクトを開く」 こちらにプロジェクトファイル名が 表示されますので それを選択すると 編集を再開できます ここでは 初めてビデオ編集を行いますので 「新規作成」>「新規プロジェクト」― これをクリックします そうしますと 「新規プロジェクト」という ダイアログボックスが表示されます ここでは 最初に「名前」という項目の所に プロジェクト名を入力します 例えば ファイル名を― (キーを打つ音) このように入力してみます その下にある 「場所」 ですけども これは ここで作成するプロジェクトファイルを― 保存する場所 これを指定します デフォルトでは Premiere Pro の― 専用のフォルダが設定されていますけども 通常は これから作成するビデオファイル― 様々な素材ファイルが 保存されているフォルダ― これと同じにすると 管理が楽になります その他 設定画面に行くと「一般」タブと 「スクラッチディスク」タブという― 2 つのタブがあります 「一般」タブですけども ここでは 「レンダラー」という項目があります ここの所はクリックすると レンダリングを 高速に処理する場合に利用できる― ハードウェアが搭載されている場合には それも 選択することができます 通常では ビデオカードに 搭載されている機能が選択できます ここでは この 「GPU 高速処理(Open CL)」― というやつを選択できるようになっています 尚 ハードウェアが利用できない場合には その下にあります 「Mercury Playback Engine」 ソフトウェア― これは Premiere Pro が標準で 搭載しているソフトウェア機能なんですが― これを使って処理することになります あと その他の「ビデオ」ですとか 「オーディオ」「キャプチャ」等は デフォルトのままで結構です 特に この「スクラッチディスク」 というタブなんですけども― ここでは キャプチャーしたビデオですとか 或いはオーディオデータ― 更には 編集中に作成した ビデオプレビューファイル等― こういった関連ファイルの保存先を 指定することになります 通常は「プロジェクトファイルと同じ」という 項目が設定されていますので― このデフォルトのまま このまま利用すれば OK です ここまでの設定ができたら OK ボタンをクリックします Premiere Pro CC 2015 の 編集画面が表示されます 尚 Premiere Pro では この編集画面のことを「ワークスペース」― という風に呼んでいます 今回はこのワークスペースを切り替えるボタン というのが搭載されています 「アセンブリ」ですとか 「編集」 「カラー」とありますけども― これらは この後 素材データを読み込んだ時に― 切り替えて使ってみたいと思います 尚 ここでは 新規に プロジェクトを起動していきましたけども― この編集画面 ワークスペースが 表示されている状態からでも― 新規にプロジェクトを作成することができます その場合は 「ファイル」>「新規」 ここに出てきますサブメニューから― 「プロジェクト」 これを選択します そうすると 先程と同じ 「新規 プロジェクト」 というダイアログボックスが出てきます ここでちょっとキャンセルしておきますね キャンセルすると 一番最初のこの画面 「スタートアップスクリーン」― ここへ戻ってきます ここへ戻ってきて 例えば 編集を続けたい という場合には― 「最近使用したプロジェクトを開く」 というところに― 先程入力したプロジェクトファイル名 これが表示されていますので― これを選択します そうすると また編集画面が表示されます またその他の 例えば 前に編集していった プロジェクトファイル― これを開きたい場合には 「ファイル」メニューにあります 「最近使用したプロジェクトを開く」 というのを選択すると ここのところに― 最近使用したプロジェクトファイル名が 表示されるので これを選択しても― 表示することができるようになります このように いくつかの方法を使って 「プロジェクトファイル 」これを選択して― 表示して編集作業を 開始することができるようになります ここでは Premiere Pro CC 2015 で ビデオ編集を開始する際の― プロジェクトの設定方法について解説しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。