Premiere Pro CC 2015 基本講座

シーケンスの操作方法を学ぼう

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Premiere Pro CC 2015のシーケンスの操作方法について解説します。
講師:
05:31

字幕

ここでは Premiere Pro CC 2015 の シーケンスの操作方法について― 解説します サンプルを利用する場合には ファイル名に 「01_03」 とあるプロジェクトファイルを― 表示してください シーケンスは Premiere Pro の編集作業で― メインとなるエリアで ここで 様々な編集作業を行っていきます 尚 プロジェクトパネルにある クリップをタイムラインに― ドラッグアンドドロップによって自動的に シーケンスを設定した場合には― ドラッグアンドドロップしたクリップの ファイル名がそのままシーケンス名として― 流用されています そのままでも構わないですけども 名前を変更したいという場合には― プロジェクトパネルで 名前を変更することができます シーケンスの名前の所 ダブルクリックすると 編集モードに切り替わります ここで適当な名前を入力します (キーボードを打つ音) 名前を変更すると 同時にタイムラインの方の シーケンスの名前も自動的に切り替わります 尚 プロジェクトパネルにある シーケンスなんですけども― ちょっと拡大表示してみると リスト表示の場合はこのような アイコンで表示されているのが分かります 更にこれをアイコン表示に切り替えてみると 今度はサムネイルで表示されます サムネイルの場合には 右下の所に シーケンスを示すマークが表示されています で 複数のシーケンスがある場合には シーケンスをダブルクリックしてください そうすると タイムラインの方に表示できます タイムラインの表示に切り替えれば タブをクリックして 切り替えます このシーケンスには ビデオトラックと呼ばれる― ビデオデータを配置するエリアと オーディオトラックと呼ばれる― オーディオデータを配置するトラック この二つがあります このトラックですけども トラック名 はい ここのところ― V1 V2 V3 とあります これが ビデオ1 ビデオ2 ビデオ 3 の トラックで― それぞれビデオを 配置することを示していてー その下 A1 A2 A3 とあるのが オーディオ 1 オーディオ 2― オーディオ 3 という 各それぞれのトラックで― ここにオーディオを配置する ということを示しています このトラックにそれぞれデータを 配置していくんですけども― 例えば こちらのシーケンスに切り替えると このような状態でクリップを配置していきます ただ 配置した時 これの作業がし辛いという場合には― このトラックの表示をズームイン ズームアウト 拡大縮小することによって― 作業しやすくできます ズームインズームアウトの方法なんですけども シーケンスの下にスライダーがあります 大きなスライダー これを 全体の表示域に変更する為に― 使うんですけども そのスライドの左右に ちょっと明るい部分があります この明るい部分がズームスクロールスライダー と呼ばれる部分で― これを左右にドラッグすることでトラックの 表示をズームインズームアウトできます 尚 左右二つあるのですけども どちらを ドラッグしても 拡大縮小できるんですが― 表示結果が逆になりますので その点 注意してください ここでシーケンスをちょっと 拡大表示してみます パネル全体を大きく表示したい場合には ウィンドウ > フレームを最大化― これを選択してください そうすると フル画面で表示されます ここで今度操作するのは トラックの 表示幅の操作です このトラックの先頭部分 様々なボタンが 集まっている部分がありますけども― ここをトラックヘッダーという風に呼んでます こちらのトラック部分 こちらがトラックヘッダーですけども― このトラックとトラックヘッダーの ちょうどこの中間辺り― ここのところ何もない所があります この部分にマウスを合わせて ダブルクリックすると― このようにトラックの幅を 変更することができます もう一度ダブルクリックすると このように また閉じることができます また トラックとトラックの境目に マウスを合わせて― ドラッグしても このように表示幅を 変更することが可能です この他 マウスにマウスホイールという 小さな丸いボタンがあるんですけども― それをこの何もない部分に合わせて 上下にドラッグしてあげても― 同じようにトラックの表示幅を 変更させることができます このマウスホイールですけども Shift キーを押しながら― ドラッグすると ビデオの部分で操作すると ビデオトラック全体の表示幅を変更できます 同じようにオーディオの方で操作すると オーディオのトラックも同じように― 操作することができます 尚 表示を元に戻したいという場合には ウインドウ > ― フレームサイズを戻す これを選択してください そうすると 元の状態に戻すことができます 尚 フレームの表示ですけども キーボードショートカットも用意されています Shift キーを押しながら @ キーを押すと 大きく表示されて― もう一度 Shift キーを押しながら @ キーを押すと 元に戻すことができます ここでは Premiere Pro CC 2015 のシーケンスの操作方法について― 解説しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。