Premiere Pro CC 2015 基本講座

素材の読み込みと整理の方法を学ぶ

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、Premiere Pro CC 2015のビデオ編集で利用する映像データやオーディオデータなど、各種素材データの取り込み方法について解説します。
講師:
04:48

字幕

ここでは Premiere Pro CC 2015 の ビデオ編集で利用する― 映像データや オーディオデータ等 各種素材データの取り込み方法について― 解説致します Premiere を起動すると まず最初に 表示されているのが― この 「スタートアップルクリーン」 という画面です ここで初めてビデオ編集を開始する場合には 「新規作成」> 「新規プロジェクト」― これをクリックします 「新規プロジェクト」という パネルが表示されます ここでまず プロジェクト名を入力します プロジェクト名はこれから編集する 映像データがどのようなものなのか― 分かり易い名前を入力すると良いでしょう このようにプロジェクト名を入力します 次に このプロジェクトの保存先なんですが デフォルトでは― 「Adobe Premiere Pro 9.0」 というデフォルトの保存先が設定されています できれば ここのところは 参照ボタンをクリックして― 映像データ等と同じフォルダに指定すると プロジェクトの管理がし易くなります この他 「一般」タブのところですけども ここはデフォルトのままで OK です また 「スクラッチディスク」も 各種ファイルが― プロジェクトファイルと同じ所に 保存されるという風に― デフォルトで設定されていますので このまま確認して― OK ボタンをクリックします そうすると Premiere の 編集画面が表示されます ここでは まだ何もデータを 読み込んでおりません データは左下にあるこの「プロジェクト」 というパネルに読み込まれます 読み込む時には 「ファイル」> 「読み込み」― これをクリックします そうすると 読み込みの ウィンドウが表示されます 或いはプロジェクトパネルの何も無い 所で右クリックして― 「メニュー」から「読み込み」を 選択するか或いは― 何も無い所をダブルクリックしてみてください 同じように 「読み込み」 の パネルが表示されます ここから読み込むデータを選択していきます 今回はハードディスク上に既に取り込んである データを読み込んできます この他 ビデオカメラから 読み込んだりすることも可能です 今回は こういう 5 つのファイル ― この中にそれぞれ 映像データ或いはオーディオデータ等が 保存されています 中でイメージファイルなんですけども この中には psd という拡張子の― Photoshop で作成したデータも 中に入っていたりします こうしたデータをまず読み込みます このフォルダ毎読み込みたいので フォルダを全て選択して― 読み込みボタンをクリックします 尚 注意したいのがウインドーズの場合です Windows の場合には 複数のフォルダを選択して読み込むと― 最後に選択したフォルダだけしか 読み込まれない時があります ですので Windows で複数のフォルダを 読み込みたい場合には一個一個フォルダ毎に― 読み込みを行ってください フォルダを選択したら 読み込みボタンをクリックします そうすると 読み込んでいく途中でこのような メッセージが表示されることがあります 「レイヤーファイルの読み込み」という メッセージなんですけども― これはフォトショップのデータが レイヤーを使って作成されている場合― そのレイヤーはどうするかという 処理方法を選択するメッセージです 通常は全てのレイヤーを統合で 読み込みを行います その他 選択メニューとしては このようなメニューがありますけども― ここでは 「全てのレイヤーを統合」で OK ボタンをクリックします こうすると フォルダが読み込まれます プロジェクトパネルの表示が小さい場合は ウインドウ>フレームを最大化― これを選択してみてください そうすると パネルが フルサイズで表示されます 読み込んだデータを ちょっと確認してみますと― これを開いていくとこのように フォルダの中に各種映像データ等が 保存されているのが分かります またパネルのサイズを元に戻したい場合には ウインドウ>フレームサイズを戻す― これを選択します そうすると このように元の状態に戻ります ここでは フォルダ毎に 読み込んでみましたけども― この他 ファイル単位で一個一個 読み込むことも可能です ここでは Premiere Pro CC 2015 の ビデオ編集で利用する― 映像データや オーディオデータ等 各種素材データの取り込み方法について― 解説致しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。