Premiere Pro CC 2015 基本講座

必要なショットを選ぶ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、プロジェクトにある映像素材から1つのクリップを選択し、その中から必要な映像部分を素早く探し出すショートカットキーについて解説します。
講師:
04:06

字幕

ここでは プロジェクトパネルにある 映像素材から 1 つのクリップを選択し― その中から必要な映像範囲を素早く探し出す ショートカットキーの使い方について― 解説致します プロジェクトパネルに読み込んだ 素材データですが― この中にインタビューのデータが入っています 「Interviews」 というビンを開くと 中にまたいくつかのビンがあります この中の 「Barbara」 さんですね インタビュー このビンを開いてきます この中にいくつかのインタビューの ムービーが入っています この中で使いたいムービーを ダブルクリックします ダブルクリックすると ソースモニタの方に 映像が表示されます 映像が表示されたら コントローラーの再生ボタンをクリックします 再生ボタンをクリックすると 再生が開始されます (英語) (英語) もう一回ボタンを押すと この停止ボタンに変わっていて― 再生を停止することができます この他 再生ヘッドを― (英語の速い再生) この辺ドラッグして 素早く中を確認することもできます この他 速さを変えながら 中身を確認したい という場合もあります ただ Premiere の コントローラーには 標準スピードで― 再生するボタンしかありませんので 速度を変えて再生したい場合には― ショートカットキーを使っていきます 利用するショートカットキーですが キーボードの J キーと ー K キーと L キー この 3 つのキーを使って再生していきます まず L キーですが これは再生をするボタンです J キーは逆再生するボタンになります K キーは再生を停止する ボタンになります まず ここで L キーを押します (英語) (英語) 再生が開始されて K キーを押すと 再生が停止します ここで J キーを押すと 今度 逆再生されます (逆再生の英語) このような形で再生できます また K キーを押しながら L キーを押し続けるとー (ゆっくりな英語) (ゆっくりな英語) このようにスローモーションで 再生することができます また K キーを押しながら J キーを押し続けると― (低速度かつ逆再生の英語) このようにスローモーションでの 逆再生ができます また L キー押して再生をしている時に もう一度 L キーを押すとー 倍速に 更にもう一度押すと 3 倍速 もう一度押すと 4 倍速という形で― 再生スピードを変えることができます あと 1 回目の L キーです (英語) もう一回押します (英語の速い話し方) もう一回押します と このように再生スピードを 変えることができます K キーを押して止めます 逆に 今度 J キーを押します (逆再生の英語) 逆再生が開始されます もう一回押します (速い逆再生の英語) もう一回押します (速くて逆再生の英語) もう一回押します このように 逆再生のスピードも 2 倍速 3 倍速 4 倍速という形で― 速度を変えることができます このように ショートカットキーを使いながら 或いは こういったドラッグさせることによって 中身を確認しながら 素早く必要な映像部分を 見付け出す方法を覚えてください ここでは プロジェクトにある映像素材から 1 つのクリップを選択し― その中から必要な映像範囲を素早く見付け出す ショートカットキーの使い方について― 解説致しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。