Premiere Pro CC 2015 基本講座

サブクリップ機能を利用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、映像クリップのなから必要な映像範囲をイン点、アウト点を使って指定し、指定した範囲をサブクリップとして保存する方法について解説します。
講師:
08:26

字幕

ここでは 映像クリップの中から 必要な映像範囲をイン点 アウト点を使って指定し 指定した範囲を サブクリップとして保存する機能について 解説致します Premiere には「サブクリップ」という 大変便利な機能があります サブクリップというのは 1 つのクリップを マスタークリップとして その中から必要な映像範囲を 別のクリップとして保存する― 機能の事を言います 実際に行ってみたいと思います まず マスタークリップとなるクリップ これを選択して再生します 例えば こういったビンの中から 再生したいクリップをまず選び出します ダブルクリックすると ソースモニターの方に 映像が表示されます ここで再生を開始します (英語のナレーション) 再生しながら 必要な映像の頭の部分 頭の部分を見付けたら ここで 「インをマーク」このボタンをクリックします そうすると タイムラインの方に イン点が設定されます 更に再生を続けたら 今度 必要な映像範囲の お尻の部分を見付けます (英語のナレーション) ここまでお尻の部分としたい場合には ここで「アウトをマーク」 このボタンをクリックします これでイン点とアウト点が設定されました この設定したイン点とアウト点ですが 例えば このアウトの部分 マウスを合わせると このように マウスの形が変わります ここでマウスをドラッグすると このように 設定位置を変更する事ができます イン点も同様です このように変更することができます また この範囲指定した中央の部分 3 本のラインがあります これをつかんで ドラッグすると このように 範囲を そのまま移動させることができます このようにして 必要な範囲を更に 細かく決めていくことができます また この必要な範囲ですが 現在は 映像を見ながら 設定しましたが もう 1 つ 波形を見ながら 設定することもできます モニターの中央に ボタンが 2 つ並んでいます 1 つが「ビデオのみドラッグ」というボタン その右にあるのが「オーディオのみドラッグ」 というボタンです この「オーディオのみドラッグ」のボタンを クリックすると このように オーディオの波形を表示することができます ここ イン点とアウト点で指定した範囲は 若干明るい色で表示されています この中に青いラインがあります これは再生ヘッドになる部分ですが このラインをドラッグします ドラッグして例えば ここまでを 使いたいという場合には ここでアウト点 はい 「アウトをマーク」 これをクリックします そうすると このように範囲を 変更することができます また タイムラインでも同様に イン点 アウト点を このように変更することができます また 元に戻す時には このボタンですね 「ビデオのみドラッグ」 これをクリックします そうすると 映像の方に戻ることができます 必要な映像の範囲をイン点 アウト点で 設定ができたら 次に この指定した範囲を 別のクリップとして保存します これはサブクリップですが サブクリップはまずクリップメニューから これをクリックすると 「サブクリップを作成」というのがあります これを選択すると 「サブクリップを作成」の パネルが表示されます ここで設定するのが名前です まず 名前を分かり易い名前 何か設定してあげます 例えば ここにある名前を使って もうちょっとこうアレンジして 例えば 例えば 名前の後に日付とか入れてあげます そうすると こんな形になりますね もう 1 つ 「トリミングをサブクリップの境界に制限」 というオプションがあります これがイン点 アウト点を使って 範囲を指定した部分 それ以外の部分をトリミングで 利用するかしないかですが 例えば このチェックマークを外してあげると 制限が無くなります チェックしておくと 制限が付きます ここまで設定ができたら 「OK」ボタンをクリックします 「OK」ボタンをクリックすると プロジェクトパネルのところ 今 設定したクリップが サブクリップとして登録されます 同じように 別のクリップも 選択してあげて 例えば イン点と アウト点 これを設定して 「サブクリップを作成」 これを選択してあげて ここでまた名前を付けます (キーを打つ音) こんな風に名前を付けてあげて 「OK」ボタンをクリックします そうすると 2 つのサブクリップが 設定できました この他 別のクリップでも同様に サブクリップを作成します このように別のクリップを使って イン点 アウト点を指定します このように設定したイン点ア ウト点を サブクリップとして登録するのですが 逆に このイン点アウト点 設定した部分を例えば 削除したい というようなこともあるかと思います そのような時には このタイムライン上で 右クリックすると メニューが表示されます ここで例えば 「インを消去」を選択すると イン点が削除されて 「アウトを消去」を 選択すると アウト点が消去されます 両方削除したい場合には 「インとアウトを消去」 これを選択します そうすると このように イン点 アウト点が無くなります このようにして作成したサブクリップですが ちょっとこれ拡大して アイコン確認してみたいと思います パネルを選択してあげて 「ウインドウ」>「フレームを最大化」 これを選択します そうすると パネルがフル表示されます この中にあるこの 2 つのファイル これがサブクリップですが ちょっとアイコンのサイズを 拡大表示してみます 表示すると これが通常のアイコンですね 通常のクリップのアイコンですが これがサブクリップのアイコンです この辺にちょっと こう デザインが異なっています これがサブクリップです サブクリップの場合 他のクリップと 区別する為に 例えば ビンを使って 管理していく という方法があります 例えば 新規ビンをクリックして ビンを作ります ここで例えば このように サブクリップ用の ビンを作ってあげて この中に 作成したサブクリップを選択して 中に入れてあげると サブクリップを きちんと管理することができるようになります こうすると 他のクリップと区別が 付きやすくて 作業がしやすくなります サブクリップ用のビンを設定したら ウインドウの表示を もう一度「フレームサイズを戻す」 これを選択して 元に戻ります こうすると 非常に管理が しやすくなってきます ここでは 映像クリップの中から必要な範囲を イン点 アウト点を使って指定し 指定した範囲をサブウリップとして 保存する方法について解説致しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。