Premiere Pro CC 2015 基本講座

シーケンスの設定と基本的な編集テクニック

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、基本的な編集テクニックとして、プロジェクトのクリップをタイムラインに配置してシーケンスを設定する方法と、設定したシーケンスにさらに別クリップを配置する方法について解説します。
講師:
07:24

字幕

ここでは 基本的な編集テクニックとして プロジェクトのクリップを― タイムラインに配置して シーケンスを設定する方法と― 設定したシーケンスに更に別クリップを 配置する方法について解説します まず最初に 今回利用するクリップを 見付けておきたと思います サンプルデータの中に Exercise Files という― ビンがあります このビンを開きます そうしますと 各セクションに合わせた ビンが設定されています この中の「02」というビンを開きます 更に 「02_05」というビンを開きます この中にビンが 2 つあります 「Subclips」というビンと 「Rough Cuts」というビンですね この中の「Subclips」という ビンを開きます この中には ビンが複数保存されています この中でまず利用したいビン これをダブルクリックして― ソースモニターの方に表示します ソースモニターに表示されたら 再生ボタンをクリックして中身を確認します (英語の再生) 中身を確認して このクリップで良い ということであれば― このクリップの映像部分をタイムラインの所に ドラッグアンドドロップしてみてください ドラッグアンドドロップすると このように シーケンスが設定されます 設定されたシーケンスですが シーケンスの名前が― ドラッグアンドドロップした クリップの名前になっています 同じように プロジェクトパネルの方にも シーケンスが登録されています ここの名前がやはり同じように クリップの名前ですね これをクリックして 名前を適当に 変更しておきます 例えば (キーを打つ音) (キーを打つ音) このように名前を変えておきます 名前を変えると 同時に シーケンスの名前も変わります 尚 シーケンスの方ですが 表示サイズ これをズームイン ズームアウトで― 変更することができます 現在 ちょっと小さいので これをズームアップして― 大きくしてみたいと思います ズームの操作なんですが シーケンスの下の所にスライダーがあります この大きなスライダーなんですが これ スクロールバーと もう 1 つ― ズーム用のスクロールスライダー これの 2 つが一緒になっています 真ん中にあるのがこれが スクロールバーなんですが― その左右にちょっと色の明るい ボタンがあります これがズームスクロールスライダー というやつで― このスライダーをドラッグすると 拡大 縮小ができます 同じように 右左にあるのですが 同じように拡大 縮小ができます これを操作してちょっと大きめに 表示しておきます 次に 別のクリップ これを選択して またここに並べたいと思います では 別のクリップを 選んでいきたいと思います 例えば これにしますかね 中身をまた確認します (英語の再生) 中身を確認して こちらに配置する時の この方法なんですが― 例えば 手動でドラッグアンドドロップで 配置する方法が 1 つありますが― 例えば このように ドラッグアンドドロップする― という方法ですが― ここで command z で ちょっと元に戻しますね この時にこの「スナップ」機能 というのがあります ここに磁石のマークがあるのですが これがスナップですね このスナップが ON になっている状態ですと― ドラッグアンドドロップする時に 接合点が ぴたっと吸い付きます ところが これが OFF になっていると― ドラッグアンドドロップした時に なかなかこううまく吸い付いてくれなくて― 例えば こう重なってしまったり 或いは 離れてしまったりする事がありますので― ドラッグアンドドロップで配置する時には ここのスナップ機能を― ON にしておきます また きっちりと接合したい場合には この再生スライダーを使って― 接合する方法があります この時注意しなきゃけないのは この再生スライダーの位置です 例えば この辺に再生スライダーがあって 例えば これをここに配置したいという場合に― ここにボタンがあります 「インサート」ボタンと「上書き」ボタン というのがあるのですが― 例えば この「インサート」ボタンを クリックすると― このように再生ヘッドのあった位置に クリップが挿入されてしまいます ですので Command z で ちょっと元へ戻して 再生ヘッドがきっちりと この後ろになければいけません この時に きっちりと後ろに 合わせる方法ですが― このようにドラッグで合わせるのは 非常に難しいのですが― ドラッグする時に― Shift キーを押しながら ドラッグすると― お尻のところにぴったりと スナップしてくれます 或いは キーボードの 上向き矢印と下向きの矢印― これを押しても ぴったりと 合わせる事ができます 例えば 上向き矢印を押すと 先頭部分にきっちりと合ってくれますし― 下向き矢印を押すと このように お尻の部分に合ってくれます この状態で「インサート」ボタンを クリックすると このように― ぴったりと合った状態で 配置することができます 尚 配置する時に ちょっとまた ひとつ注意があります このドラッグヘッドのところなのですが ドラッグヘッドの頭の部分に― 挿入や上書きを行う 「パッチ」というのがあります ここの部分ですが 今現在 V1 これビデオの位置ですね それとオーディオ位置 A1 というのがあります ここを例えば V1 をクリックして OFF にした状態で― 今と同じ「インサート」をクリックすると このように音の部分だけしか配置されません また逆に― V1 の部分ですね これだけを ON にして A1 を OFF にして― インサートすると このように 映像の部分だけが配置されて 音の部分が配置されなくなります それでここのパッチの部分ボタンですね この 2 つが ON になっている状態で― このようにインサートしてください ここでは 基本的な編集テクニックとして プロジェクトのクリップを― タイムラインに配置して シーケンスを設定する方法と― 設定したシーケンスに更に別クリップを 配置する方法について解説しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。