Premiere Pro CC 2015 基本講座

基礎的なトランジションとタイトルの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、シーケンスに配置したクリップに、デフォルトとして設定されているトランジションを適用する方法と、タイトルを設定する基本的な操作方法について解説します。
講師:
11:57

字幕

ここでは シーケンスに配置したクリップに デフォルトとして設定されている― トランジションを適用する方法と タイトルを設定する基本的な操作方法について 解説致します 最初に サンプルデータ これを表示します Excercise Files という ビンの中にある「02」ビン これを開いて 更に その下にある 「02_10」というビンを開きます この中には 3 つのシーケンスが 登録されています シーケンスの内 「pre-fx」という 名前が付いたシーケンス これをダブルクリックして 表示します それがこのシーケンスです 既にいくつかのクリップが登録されています 今回はこのクリップにトランジションを 設定していきます 「トランジション」というのは クリップとクリップが切り替わる時に 突然 場面が切り替わるのではなくて 特殊な効果を間に設定することによって スムーズな場面転換をする という機能を持っています 再生ヘッドを先頭位置に合わせて シーケンスをちょっとズームアップします 配置されているクリップですが 映像だけのクリップと オーディオだけのクリップ それと 映像とオーディオが一緒になったクリップ この 3 種類が配置されています ここで選択ツールに持ち替えて 映像クリップの頭の部分 ここをクリックします そうすると 頭の部分が選択されます ここで 「シーケンス」>「選択項目に デフォルトのトランジションを適用」 これを選択します そうすると 頭の部分に「クロズディゾルフ」 というデフォルトで設定されている トランジションが設定されます 同じように オーディオ部分も クリックして選択し 「シーケンス」>「トランジションの適用」を 選択します オーディオ部分にも「コンスタントパワー」 というデフォルトで設定されている トランジションが設定されます 尚 設定したトランジション 不要になった場合には 選択して Delete キーを押してください 削除することができます また クリップを複数選択して 同じように「シーケンス」> 「トランジションを適用」 これを選択します そうすると 今度は全てのクリップに トランジションが適用されます ちょっと再生してみましょう ♪ (カントリーミュージック) ♪ このように 先頭部分では クロズディゾルフが フェードインの役目をしてきます また クリップとクリップの切り替え場面では スムーズな切り替えができるように 設定されています 次に 真ん中にあるこのクリップ 映像データと音声データが 一緒になったクリップですが この頭の部分をクリックします 同じように このシーケンスメニューから メニューを開くと 先程のトランジションの適用の他に 「ビデオトランジションを適用」或いは 「オーディオトランジションを適用」 どちらも選択できるようになっています 例えば ここで 「ビデオトランジションを適用」を選択すると ビデオの部分だけにトランジションを 設定することができます 選択してクリックして削除 次に 同じようにこのこの「シーケンス」から 「選択項目にデフォルトの トランジションを適用」を選択すると 両方にトランジションが設定できます 更に お尻の部分 ここにも トランジションを設定してみましょう クリックして選択します 次に 「シーケンス」> 「選択項目にデフォルトの トランジションを適用」 これを選択すると このように トランジションが設定できます オーディオの方にも設定します トランジションのデュレーションですが 1 秒に設定されています これは短いという場合には トランジションの左右 どちらかにマウスを合わせて ドラッグしてあげると デュレーションを変更することができます オーディオも同じように変更できます これで再生すると ♪ (次第に静かになっていく カントリーミュージック) ♪ このように フェードアウトの効果を 設定することができます 次に タイトルの設定を してみたいと思います まず タイトルを設定する位置を見付けます 例えば この位置にタイトルを 設定していきたいという 再生ヘッドで映像を確認します 確認できたら 「タイトル」> 「新規タイトル」>「静止タイトル」 これを選択してください 新規タイトルの設定画面が表示されます ここで「名前」 という部分に タイトル名を入れておきます 例えば このように名前を入力して 「OK」ボタンをクリックします そうすると タイトル作成の ウインドウが表示されます ここで映像が表示されています これは再生ヘッドを置いた位置の フレームがここに表示されています ここで左側にある「横書き文字ツール」という このツールを選択して 文字を入力した位置でクリックします ここで文字を入力していきます 例えば このように入力します また 改行して文字を入力することもできます (キーを打つ音) 文字が入力できました 文字は入力できたら 選択ツールに持ち替えてください そうすると テキストが 選択された状態になります この状態ですと 文字を色んな位置に 移動させることができます また 移動だけではなくて 例えば フォントを変更することができます ここでフォント一覧 表示することができますので 三角ボタンをクリックすると フォントメニューが出てきます ここで利用したいフォントを選択します 例えば これを選択しています 更に フォントによっては 文字の太さ 要するに スタイル変更をすることができます ここでスタイルを選択してこのように 文字の太さを変えることができます また 自分で色んな設定をするのが 大変という方は 下にある「タイトルスタイル」という部分を 利用すると 簡単にデザイン変更できます ここで色んなデザインが登録されている サムネイルをクリックします そうすると このように事前に登録されている スタイルを適用させることができます また 元に戻したい場合には 同じように フォントを選択していきます 更に 自分で色々工夫したい場合には 右側にあります「タイトルプロパティ」 これを利用します まず 文字の色を変えてみたい という場合には「塗り」というのがあります ここで「カラー」のところですが カラーボックス これをクリックすると 「カラーピッカー」が表示されます まず ここで利用したい色を選択します 例えば これで色を選んで 「OK」ボタンをクリックします そうすると カラーピッカーで 選択した色が適用されます また ここにスポイトがあります このスポイトを使うと 画面上の色を ピックアップして反映させることができます こんな感じですね 更に 「ストローク」という機能があります これは文字でもあるようですね 罫線で囲む機能ですが 例えばストロークの 外側 この「追加」ボタンをクリックすると 文字の外側に罫線で囲うことができます また この罫線の太さですが この「サイズ」 ここの部分で 数値を変更してあげると 罫線の太さを 変更することができます 更に その下に「影」という オプションがあります このチェックボックス ここ ON にしてあげると 文字の背後に影を設定することができます このようにして設定ができたら 閉じるボタンをクリックしてください 閉じるボタンをクリックすると 文字がプロジェクトパネルに登録されます 登録された文字 このクリップを ビデオトラックに ドラッグアンドドロップで配置します そうすると このように文字が表示されます この状態で配置したクリップを選択して 「シーケンス」メニューから先程利用した 「選択項目にデフォルトの トランジションを適用」 これを選択すると 文字クリップの前後に (英語のナレーション 次第に ミュージックが入ります) このように トランジションを 設定することができます また ここに配置したクリップですが ダブルクリックすると 再編集できます 例えば 文字の位置を変更したい というような場合には ここでまた文字の位置を変更して 閉じるボタンをクリックします そうすると 変更がすぐ ダイレクトに反映されます プロジェクトに登録されたタイトルの クリップですが これを選択して 右クリックで「複製」を選択してください そうすると 文字クリップの コピーが作成できます 例えば このタイトルですね 例えば このように書いて ダブルクリックします そうすると ここに文字が表示されます 現在 ここに表示されているのは コピーした文字ですが ここの部分ですね 例えば これを このように変更します 更に ここの部分も こんな風に変えてみましょう ちょっと分かり辛いのですが これ一端閉じます 閉じてコピーしたこの文字の クリップを他の場所に持っていって配置します 例えば この辺別に配置して チェックすると ここに持ってきますかね コピーしたタイトルを入用することができます 同じように ダブルクリックして 表示位置を変更したい場合には これで表示位置を変更します このようにして タイトル文字を使っていきます ここでは シーケンスに配置したクリップに デフォルトとして設定されている トランジションを適用する方法と タイトルを設定する基本的な操作方法について 解説致しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。