Premiere Pro CC 2015 基本講座

素材の読み込み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、プロジェクトパネルに新規にビンを設定して素材データを読み込む方法と、設定したビンの利用方法について解説します。
講師:
08:05

字幕

ここでは プロジェクトパネルに 新規にビンを設定して 素材データを読み込む方法と設定したビンの 利用方法について解説します 新規に設定したプロジェクトでは まだ何のデータも読み込まれていないので こうしたワークスペースが表示されています このワークスペースのプロジェクト このパネルに新規にビンを設定して その中にデータを読み込んでみたいと思います パネルの右下 「新規ビン」 というボタンがあります これをクリックすると 「ビン」という名前の ビンが設定されます ここで名前を適当に変更しておきます このように名前を変更して このビンをダブルクリックします そうすると 中に何も 入っていないビンが表示されます この何も無い所 ここでダブルクリックすると データを読み込む画面が表示されます ここでデータの保存されているフォルダ これを選択します ここでは 「Greyhound Media」 というフォルダ これを選択します そうすると その中に更に 5 つのフォルダがあります この 5 つのフォルダそれぞれに データが保存されています 例えば この「Broll」という フォルダの中では 更に 3 つのフォルダがあって その中に それぞれムービーファイルが保存されています まだこのイメージのフォルダの中には JPG 形式のデータとか 或いは このように PSD 形式 Photoshop で作成したデータ等も 保存されています これらのデータをファイル単位で 読み込みたい場合には 読み込みたいファイルを選択して 「読み込み」ボタンをクリックします また フォルダ毎読み込みたいという場合には まず フォルダを選択します フォルダは単一でも構いませんし このように複数選択しても構いません フォルダを選択して 「読み込み」ボタンをクリックします と 読み込みが開始されます この場合 データを読み込んでいる時に 先程見ました― Photoshop のデータが あったかと思います あのようなデータがあると ここで 「レイヤーファイルの読み込み」という メッセージが表示されます この場合 レイヤーを どのように処理するかという設定を選択します 「すべてのレイヤーを統合」という 三角マークがあります これをクリックすると どのような方法で 処理しましょうかというのが選択できますが ここでは 「すべてのレイヤーを統合」 これを選択しておきます 選択したら 「OK」ボタンをクリックします そうすると 選択したフォルダの中のデータが すべて読み込まれて このようにフォルダ単位で読み込まれます 尚 Windows の場合 複数のフォルダを選んで読み込むと うまく読み込めない場合があります その場合には フォルダ単位で 一個一個読み込んでいってください 尚 このフォルダですが このように きちんと階層構造で表示されています また 読み込んでファイルの頭の部分ですが 「ラベル」と呼ばれる部分に色が付いています これは読み込んだファイルの種類によって ラベルの色がそれぞれ決められています 例えば このデータ ムービーですが ムービーの場合はこのような アイリスと呼ばれる色が設定されています この他 例えば イメージ 静止画像ですね この場合にはこのようなピンクの色だったり 或いは 音楽の場合には このように緑だったりします このラベルの色ですが これは自由に設定変更できます ラベル或いはファイル名の上で 右クリックしてみてください メニューが表示されます このメニューの中に 「ラベル」というのがあります このラベルで色を選択します 例えば 「マンゴ」 これを選択すると このような色になりますし また別の色 例えば 「森林」 これを選ぶと緑に変わったりします また このビンの開き方ですが 現在 これはリスト表示されていますね これを例えば アイコン表示に変えて このようなアイコン状態で表示していて 例えば これを開きたい場合には ダブルクリックすると 開くことができます この場合 フロート状態でいつも 表示されています 閉じる場合には 閉じるボタンを クリックして 閉じていきます この開き方ですが 例えば Mac の場合には Command キー Windows の場合には Ctrl キーを押しながら ビンをダブルクリックすると このようにパネルの同じ位置に 表示させることができます また Mac の場合には Option キー Windows の場合には Alt キーを押しながら ダブルクリックすると 今度は別の タブとして表示させることができます この表示方法ですが 例えば 単純にダブルクリックした時に このようにフロートで表示されるのはなくて 同じ場所に表示したいというような場合には 環境設定で変更を行います Mac の場合には Premiere Pro CC メニューのこの「環境設定の」>「一般」 これを選択してください Windows の場合には ファイルメニューから 「環境設定」の「一般」を選びます 「一般」を表示すると このような画面に切り替わります ここの真ん中にやや下のところ 「ビン」という 囲まれたエリアがあります ここの中でビンをどのように 開くかという設定ができます デフォルトでは ダブルクリックした場合には 「新規ウインドウで開く」 これでフロート状態で開かれる状態ですが その他 この場合は Mac ですが Command キー押しながら ダブルクリックした場合には 同じ場所で開く Option キーを 押しながら ダブルクリックした場合には 新規タブで開く となります Windows の場合には ここが Ctrl キーであり ここが Alt キーになります この三角マークのボタンをクリックすると 選択メニューが表示されます ここで「同じ場所で開く」を選択すると ダブルクリックした時に同じ場所で開くよ という風に設定できます 同じように Command キー 或いは Ctrl キーで ダブルクリックした場合には 今度 「新規ウインドウで開く」 という風に設定変更しておいてあげます 設定変更ができたら 「OK」ボタンをクリックしてください 今度 この「ビン」をダブルクリックすると 同じ場所で開くことができるようになります 同じ場所で開いたビンを更に 上に戻っていきたいという場合には この左上にあるこの小さなボタン ここをクリックしてください そうすると 1 クリックを 上に戻っていくことができます また 設定したビンが不要になった というような場合には 不要なビンを選択して 画面右下 ここに「消去」というボタンがあります これをクリックしてください そうすると ビンは削除できます 但し 今操作したように ビンの中に 別のビン或いは ファイルが保存されていても それら全て一斉が削除されてしまいますので 削除する場合には 注意してください ここでは プロジェクトパネルに 新規にビンを設定して 素材データを読み込む方法と 設定したビンの利用方法について解説しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。