Premiere Pro CC 2015 基本講座

ショットの再生と編集の前のマーキング

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、「プロジェクト」パネルにある素材クリップのプレビュー方法について解説します。
講師:
08:58

字幕

ここでは プロジェクトパネルにある 素材クリップのプレビュー方法について 解説します サンプルプロジェクト名に 「04_01」とあるプロジェクトファイルを 表示しましょう シーケンスを開くと シーケンスには既に クリップが並べられています このように クリップを並べる場合には プロジェクトパネルにある 素材の内容を知った上で 並べていることになります では 「プロジェクト」パネル上で どのようにクリップの内容を確認するかですが ここでは そのプレビュー方法について 解説致します クリップのプレビュー方法を 大きく分けると 2 つあります 1 つはプロジェクトパネル内で プレビューする方法と もう 1 つはソースモニター上で プレビューするという 2 つの方法です まず最初に プロジェクトパネルで プレビューする方法を見てみたいと思います では プロジェクトパネルの方ですが 表示をちょっと切り替えます 現在 リスト表示でされていますので これをアイコン表示に切り替えます アイコン表示にすると クリップが アイコンの形で表示されます 尚 枠を略するためにパネルを フル画面で表示してみたいと思います 「ウインドウ」>「フレームを最大化」 これを選択します そうすると プロジェクトパネルが 最大表示されます この中でクリップが保存されている フォルダを開いていきます 例えば 現在 04 の 4.1 というフォルダ この中にデータが保存されています ここには インタビューの動画が 保存されています 例えば Barbara INT とか Rebecca INT というビンがありますが このビンをダブルクリックすると 中が表示されます 特には まず 5 つのクリップが 保存されています このそれぞれのクリップの内容の 確認方法ですが まず 表示サイズを ちょっと大きくしていきます パネルの左下にあるズームバーを操作します スライダーを右にドラッグしていくと クリップの表示サイズが大きくなってきます これくらいに表示しておきましょう この状態でクリップの上でマウスを このように左右にスクラブすると クリップの内容を確認することができます サムネイルの左端にマウスを合わせると これがクリップの先頭に該当します マウスをドラッグしてサムネイルの右端に マウスを合わせると ここが クリップの終端に該当します このように左右にドラッグすることで 中身を確認することができます また サムネイル上でマウスをクリックすると 下のところにスライダーが表示されます このスライダーをドラッグしても 中身を確認することができます (速い再生) この場合は音も一緒に再生されます 更に この状態で Space キーを押すと (英語のナレーション) このように通常の再生ができ もう一度 Space キーを押すと 再生が止まります 更に J キー K キー L キー 3 つのキーを使って再生することもできます L キーで再生が開始され K キーで一旦停止 J キーを押すと 巻き戻しされます まず L キーを押してみます (英語のナレーション) K キーを押すと これで再生が止まります 更に J キーを押すと 巻き戻しされます (逆再生) 巻き戻しも K キーを押して 止めることができます 次に 今 J キー K キー L キーで再生したのですが 巻き戻したりすることができます 例えば Shift を押しながら L キーを押すと スローで再生されます (スピードの遅い再生) (スピードの遅い再生) K キーで止めることができて 次に Shift キーを押しながら J キーを押すと スローで巻き戻しされます (スピードの遅い逆再生) (スピードの遅い逆再生) このように スローで巻き戻したり 再生したりすることもできます これを Shift キーを押しながら 再生すると 今度 スローで再生したり 次に プロジェクトパネルで同じように プレビューしてみたいと思います 表示を切り替えます 「ウインドウ」>「フレームサイズを戻す」 これをクリックします そうすると 元の状態に戻ります パネルの方の表示も 表示サイズを変えておきます このようにして ちょっと小さく表示しておきますね ここでプレビューしたいクリップを ダブルクリックします そうすると ソースモニターの方に フレームが表示されます ここでは 通常の再生と同じように クリップの中身をプレビューする事ができます コントロールのところにある再生ボタンですが これをクリックで再生 もう一度クリックで停止になります (英語のナレーション) これが通常の再生ですが 更に Space キーで再生 もう一回 Space キーで停止 (英語のナレーション) このように再生できます また タイムラインには 水色の ホームベース型の 再生ヘッドがあります これをスクラブしても 中を確認することができます (スピードの速い再生と逆再生) こうすると 高速な中身確認ができます また J キー K キー L キーですね この 3 つのキーによる再生も同じです L キーで再生 K キーで停止 J キーで巻き戻しができます また Shift キーを押しながら L キーを押すと スローで再生 Shift キーを押しながら J キーを押すと スローで巻き戻しができます まず 再生してみます (英語のナレーション) L キーで再生 K キーで停止 J キーで巻き戻し こんな状態ですね スローの方も同じです スローも Shift キーを押しながら L キー (スピードの遅い再生) K キーで停止 Shift の J キーで スローで巻き戻しです (スピードの遅い逆再生) 更に ソースモニターの方では イン点 アウト点を指定して 再生することもできます 例えば ここにまず 「マークイン」ボタンでイン点を設定し 「マークアウト」ボタンで ここに アウトポイントを設定します インポイント・アウトポイントが設定できます この状態でインからアウトの中だけを 再生したい場合は Windows の場合には Ctrl キーと Shift キーを押しながら Space キーを押してください Mac の場合には Option キーを押しながら K キーを押します では 押してみましょう こちらは Mac ですので Option キーを押しながら K キーを押します (英語のナレーション) (英語のナレーション) (英語のナレーション) (英語のナレーション) (英語のナレーション) (英語のナレーション) (英語のナレーション) このように 範囲の中だけを 再生することができます ここでは プロジェクトパネルにある 素材クリップのプレビュー方法について 解説致しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日
再生時間:10時間02分 (84 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。