Premiere Pro CC 2015 基本講座

シーケンスを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、これからビデオ編集を開始するプロジェクトの中で、新規にシーケンスを設定する方法について解説します。
講師:
09:02

字幕

ここでは これからビデオ編集を 開始するプロジェクトの中で 新規にシーケンスを設定する 方法について解説します サンプルプロジェクト名に 「04_03」とあるプロジェクトを 表示してみてください プロジェクトを見ると プロジェクトパネルには まだシーケンスありませんし タイムラインパネルにもシーケンスは 表示されていません Premiere Pro では シーケンスが無いと ビデオ編集ができませんので これからシーケンスを設定します 尚 シーケンスの設定ですが 設定にはクリップを利用して設定していきます ですので まず クリップを確認します ビンを開くと ビンの中にクリップが 保存されています 一個ダブルクリックしてみましょう このようなインタビューの 映像ファイルになっています これを使って シーケンスを設定していきます このクリップ プロジェクトパネルから タイムラインの方に ドラッグ・アンド・ドロップします そうすると シーケンスが設定されます 尚 ドラッグ・アンド・ドロップした クリップと同じ名前で シーケンス名が設定されています ですので この名前をまず 変更していきます プロジェクトパネルでシーケンスの名前部分 クリックして名前を変更します このように名前変更して確定すると このようにシーケンスの方のタブ名も 名前が自動的に切り替わっています 尚 ここでシーケンスを シーケンス専用のビンを設定して その中で管理していきたいと思いますので まず シーケンスのビンを作ってきます サイトをし易いように プロジェクトパネルを 選択してパネルの表示サイズを変更してみます 「ウインドウ」>「フレームを最大化」 これを選択してください このようなフル画面で表示されます この状態でまず ビンを保存したいビン ここでは 4.3 というビンを選択して ここで新しくビンを設定します 「新規ビン」というボタンが パネルの右下にあります これをクリックすると ビンが出来ます ここで名前を入力します このように名前を設定してビンを作りました ここへこの場合 シーケンスを 保存するのですが ちょっとシーケンスのアイコン 拡大してみてみましょう シーケンスのアイコンですが これがサブクリップのアイコンですね これがシーケンスのアイコンです このアイコンはビンの中に保存していきます シーケンスをシーケンスビンの中に 入れてきます このようにして管理していきます では 表示を元に戻しましょう 「ウインドウ」>「フレームサイズを戻す」 これで元の状態に戻ります ビンを確認してみましょう このようにビンの中にシーケンスが 保存されています 次に 今 クリップを使って シーケンスを作りましたが クリップを使わないで作ることもできます その場合には パネルの右下にあるボタン 「新規項目」というボタン これをクリックしてください メニューが表示されますので 一番上にある「シーケンス」 これを選択します そうすると 「新規シーケンス」 というパネルが表示されます ここには 「シーケンスプリセット」と 「設定」と「トラック」という 3 つのタブがあります 「シーケンスプリセット」というタブには 事前にシーケンス用のプリセット 設定されたものが登録されていますので ここから選べば すぐに使えるようになります また 設定パネルでは 独自のシーケンスを 作るときに使います ここでは ここのタブを使って 設定していきたいと思います この編集モードとタイムベースですが 先程 設定したシーケンスの設定内容 あれを同じもの ここで選びます まず 編集モードですが クリックすると メニューが表示されます ここから AVC-Intra 100 720p これを選択します 同様にタイムベースも同じものを 23.976 フレーム/秒 これを選択します この状態で OK ボタンをクリックします そうすると シーケンス 01 というのが 設定されます ここでまた シーケンス名を 変更したい場合には 名前の部分をクリックして このように設定変更します 設定変更したものを同じように ビンの中に保存しておきます 表示モードをちょっと切り替えましょう 「ウインドウ」>「フレームを最大化」 今作ったシーケンスですが 一番下の方にありますので これをこの中に移動してきます 表示を切り替えます 「ウインドウ」>「フレームサイズを戻す」 こちらに戻してきます ここでシーケンスを確認できますね シーケンスを設定したら ここの中へ 今度 クリップを配置していきます クリップはドラッグ・アンド・ドロップで 配置できます 次に 先程のシーケンスの設定パネルの ところでプリセットがありましたね それをちょっと使ってみたいと思います 「新規項目」>「シーケンス」を選択して 「プリセット」がありますね ここで最も一般的に使われている フルハイビジョン用のプリセット これを使ってみたいと思います AVCHD というカテゴリがあります この中に 1080i これを開いていくと 更に様々なプリセットがあるのですが ここでは 最もオーソドックスな 1080i30 (60i) という プリセットを選択します プリセットの内容は 「プリセットの説明」という中に出てきます その下の概要のところでも確認しながら これがフルハイビジョン用の 一般的なプリセットになります これを使って 設定していきます 尚 シーケンス名ですが ここのところでも設定できます シーケンス名 ここで 新しい名前に変えておきます このように設定したら OK ボタンをクリックします ここでシーケンスが設定されました 尚 このシーケンスにちょっとクリップを 配置してみたいと思います クリップを配置すると このような警告という メッセージが出てきます この警告メッセージを見ると 選択肢 2 つあります 「現在の設定を維持」という 選択肢と もう 1 つ 「シーケンス設定を変更」という 選択肢 2 つあります どちらを選ぶかですが 例えば 「現在の設定を維持」というのは シーケンスの設定内容を 優先するということでこの場合には 最終的な出力目標が この設定内容と同じ ということであれば フルの方を選びます また シーケンスセットを変更というのは シーケンスに配置したクリップに合わせて シーケンス内容を変更するという ものになります ここでは こちらの「シーケンス設定を 変更」をクリックします これでクリップに合わせて シーケンスの内容が設定変更されました もう 1 つのシーケンスの作り方として クリップを複数選択して これをここにメニューを表示する時に使った 「新規項目」 ここの上に ドラッグ・アンド・ドロップしてあげても このようにシーケンスが設定されます 同じようにここのところ シーケンスの名前を変えておきます 名前を変えたら これをまたシーケンスを ビンの中に入れて保存しておきます ここでは これからビデオ編集を 開始するプロジェクトの中で 新規にシーケンスを設定する 方法について解説しました

Premiere Pro CC 2015 基本講座

このコースでは、初めてPremiere Pro CCに触れるユーザーでも確実にその基本操作をマスターし、イメージどおりの動画作品を作ることができるようにレッスンを構成しました。映像の取り込み、トリミング、カラー補正、タイトルの作成、音声データ・BGMデータの編集、そしてムービーの出力など、編集に必要な基礎知識と基本操作がしっかりと網羅されています。

10時間02分 (84 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年11月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。